高ロットスキャルピング&ハイレバ手法 - 窓開け・指標発表時OKのFX業者まとめ

FXで一番稼げる方法は、高ロットでのスキャルピングトレードであることは間違いないでしょう。

そして、海外FXのハイレバ環境を利用すれば、より少ない資金で高額な注文も可能です。

さらに、高ロットスキャルピング手法とハイレバトレードが禁止されていない海外FXなら文句なしと言えます。

そこで、高ロットスキャルピング手法とハイレバに対応する海外FX業者を徹底解説!

一歩間違えると利用規約に触れて利益を没収されるだけ。

そのため、ここで紹介した業者から選ぶと安心です。

\高ロットスキャルピングにおすすめの業者/

目次

高ロットスキャルピング手法とは?

高ロットスキャルピングとは?

一応「高ロットスキャルピング」という用語だけ調べている方もいるかもしれませんので、簡単に解説しておきます

「そんなのはいいから具体的な手法を知りたい!」という方は飛ばしてください。

高ロットとは?

ロット(lot)とは、FXトレード時の注文単位です。

ごく一部を除き、どのFX業者も最低0.01ロットから注文できます。

ただし、同じロット数でも注文金額(通貨量)はFX業者側の設定しだいです。

海外FXなら1ロット=10万通貨単位がほとんど。

日本国内の業者は1万通貨単位までが多いです。

さらに口座の種類によっても違ってきます。

通貨単位とは?

仮に米ドル円(USDJPY)の注文時、10万通貨単位=10万ドルとなります。ユーロドル(EURUSD)なら10万ユーロです。通貨ペアの前側にある通貨で考えます。

ほとんどの方は、このような高額な金額で注文できないでしょう。

ですが、FX業者はレバレッジという仕組みがあるため、少ない金額で注文可能です。

とくに海外FXは1000倍以上のハイレバ設定が一般的であるため、10万ドルを注文するとしても、レバレッジ1000倍なら10万÷1000=100ドルあれば取引できてしまいます。

以上のことから、高ロットでハイレバ環境でトレードすれば稼ぎやすくなるわけです。

スキャルピングとは?

注文してから数秒~数分くらいで精算する超短期売買手法のことです。

チャートに張り付いていなければいけないため、集中力、精神力、瞬発力、判断力などが求められます。

まったりトレードしたい方には向いていません。

ただし、一番稼げる可能性も高い手法と言えるでしょう。

ちなみに、スキャルピングは英語でscalping。

scalp=頭皮、scalping=皮むきといった意味です。

語源はインディアンが死体の頭皮を剥ぐ行為からきているそうですよ。

高ロットスキャルピング手法の注意点

もし今使っている海外FX業者があるなら、利用規約をしっかり確認しておきましょう!

超短時間に高ロットで売買を繰り返せば稼ぎやすくなるのは道理です。

ただし、多くのFX業者は高ロットでのスキャルピングを禁止にしています。

知らずにやってしまうと、せっかく利益を出せても規約違反により没収されてしまうでしょう。

また、高ロットでの注文する時、ハイレバ環境でなければかなりの資金を用意しなければいけなくなります。

日本国内のFX業者は金融庁の取り決めで最大25倍までしかレバレッジをかけられません。

対して、海外FXなら1000倍以上でトレードできます。

そのため、高ロットスキャルピング手法でトレードするなら、ハイレバ対応&この手法を禁止してない海外FXを選べばお金持ちでなくても実施することが可能です。

最適な業者はこちらの項目で紹介しています
高ロットスキャルピングOK&ハイレバ対応の海外FX

高ロットスキャルピング手法でおすすめのルール

高ロットスキャルピング ルール

トレード手法は人によって違うものです。

そのため、ここで紹介する流れが絶対ではありません。

ですが、高ロットスキャルピングはおおむね次のようなやり方でトレードします。

高ロットスキャルピング手法の主なルール
  1. 低スプレッドの口座を使う
  2. メジャー通貨を選ぶ
  3. 値動きが大きい時間帯を選ぶ
  4. 長期足チャートで方向性を確認
  5. 1分、5分足、15分足で順張り

細かく分ければもっとありますが、ざっくりまとめるとこれらルールがベースになるでしょう。

低スプレッドの口座を使う

海外FX業者は、初心者向けから特定のトレードスタイルごとに相性のいい口座タイプを用意しています。

約定力の高いスキャルピング用口座も用意されているため、間違えないようにしましょう。

メジャー通貨を選ぶ

取引する銘柄は、値動きがある程度安定していて予測しやすいメジャー通貨から選びましょう。

日本人ならJPY(円)を含んだ通貨ペアが関連情報も得やすくおすすめです。

おすすめ通貨ペア
  • USDJPY
  • EURJPY
  • GBPJPY
  • EURUSD
    など

逆にマイナー通貨は、大口投資家の売買があればチャートが急変動する可能性が高く、高ロットスキャルピングには向いていません。

値動きが大きい時間帯を選ぶ

スキャルピングは超短期売買手法のため、小さなプラスでも利確していきます。

それだけに、値動きが少ないレンジ相場では稼ぎにくくなります。

トレードスタイルしだいですが、できるだけ変動の激しいタイミングのほうが利幅が大きくなるでしょう。

トレンドが発生する時間帯とは、早朝の窓開けや、重要な経済指標発表のあるタイミング。

そして、ほとんどの業者はこれらの時間帯に高ロットでトレードすることを禁止しているため注意してください。

最適な業者はこちらの項目で紹介しています
高ロットスキャルピングOK&ハイレバ対応の海外FX

使っているところが禁止されているなら、レンジ相場(価格変動が穏やかな時間帯)でも問題ありません。

長期足チャートで方向性を確認

超短期売買だからと言って、1分足、5分足、15分足チャートばかり見ていると、急なトレンド転換にのまれやすいくなります。

必ず1時間足以上の長期足で方向性を確認してから、短期足で狙っていきましょう。

1分、5分足、15分足で順張り

順張りは上昇傾向が強いなら上方向(買い/ロング)で注文、下落が強いなら下方向(売り/ショート)で注文、というように流れに沿うスタイルです。

そして、スキャルピング手法は1分足、5分足、15分足でエントリーしていきます。

MT5など取引ツールによっては2分、3分足など細かな時間足も選べますが、為替相場は世界中の投資家がチェックしています。

そして、昔から使われてきたのが1分足、5分足、15分足です。

少しでもチェックされている可能性が高いチャートのほうが信用できるため、この3つの時間足でエントリーしていきましょう。

具体的なトレード方法は?

FXで勝つには、全体の9割以上いる勝てないトレーダーの動きを予測することがポイントです。

とはいえ、具体的なトレード手法の紹介は投資助言に該当する可能性もあり、積極的には掲載できません。

おそらく「スキャルピング手法」などで検索して具体的な方法を探している方も多いと思いますが、ほとんどのサイトは具体例を書いていなかったのではないでしょうか。

当サイトも含め、それらサイトはアフィリエイト制度を利用しています。

そこから紹介料報酬を頂いているため、ユーザーから報酬を得ていると判断される可能性もあります。
(このあたりの見解は専門家によって意見が異なりますが)

投資助言によって報酬を得る行為は、金融庁への登録が必要です。

そういった背景から、このような状態になっているのでしょう。

というわけで、ここでは編集部ライターおすすめのインジケータとその使い方だけ解説しておきます。

高ロットスキャルピングにおすすめのインジケータ

おすすめインジケータ
  • Moving Average(MA/移動平均線)
  • トレンドライン
  • ボリンジャーバンド
  • MACD
  • RSI
  • Saikix-Pinbar

Moving Average(MA/移動平均線)

高ロットスキャルピング・ハイレバ MA

過去の価格データから計算&算出したラインがチャート上に表示されるインジケータです。

取引ツールに標準で入っています。

おそらく世界中で最も利用されているインジケータと言えるでしょう。

それだけに、参考にするトレーダーが多い=MAライン近辺で売り買いすることが多い=反応する可能性が高くなります。

MAのゴールデンクロス手法

MAを使った取引手法としてよくあるのは、MAラインでゴールデンクロスが発生したら売買するもの。ゴールデンクロスとは短期MA線が長期MAを突き抜けることで、その方向にトレンドが発生していると判断してエントリーします。高ロットスキャルピング時の1つのエントリーポイントとして利用しましょう。

トレンドライン

チャート上に方向性を確認しやすくなるトレンドラインを自動で引いてくれるインジケータです。

たくさんあるため、自分にとって使いやすいものを選びましょう。

なお、個人の好みにもよりますが、あまりラインだらけになっても見ずらくなるだけですので、「Auto TrendLinien」というトレンドラインインジケータをおすすめします。

ボリンジャーバンド

高ロットスキャルピング・ハイレバ ボリンジャーバンド

アメリカの投資家ジョン・ボリンジャーが生み出した分析手法で、MA(移動平均線)と上下2本ずつの計5本の線で表示されます。

MAラインを挟んで、このラインの間で価格が動くと考えられています。

ボリンジャーバンドもたくさん種類があるためお好みしだいですが、「Bollinger bands alerts & arrows 2.mq4」はアラート機能やチャート上にポイントを矢印で表示してくれるため使いやすいかと思います。

MACD(マックディー)

高ロットスキャルピング・ハイレバ MACD

MACD(移動平均収束拡散手法)は、短期MAと中長期MAを使い、買いと売りを判断できるインジケータです。

最初に紹介した移動平均線(MA)のゴールデンクロスをわかりやすく表示してくれるものです。

ゴールデンクロスだけを狙うのであれば、こちらのインジケータの方が便利でしょう。

RSI(アールエスアイ)

高ロットスキャルピング・ハイレバ RSI

画像下部の、白いラインの下に表示されているのがRSIです。

RSI(Relative Strength Index)は相対力指数ともいい、直近の一定期間の終値ベースで価格上昇と下落のどちら強いかのを判断に使えるものです。

勢いが出ているときに、その方向へ順張りしていきましょう。

Saikix-Pinbar

高ロットスキャルピング・ハイレバ Saikix-Pinbar

ここまで、高ロットスキャルピングでは順張りがおすすめ、と紹介してきましたが、編集部ライターが使っている逆張り用インジケータも1つ紹介しておきます。

もちろん最初は順張りで経験を積んでいくことをおすすめします。

こんなのもあるんだな、くらいに受け止めておいてください。

このインジケータは、チャート上にエントリーポイントとなるシグナル(矢印表記)がでます。

画像では赤い矢印の先にある矢印でお知らせしてくれるインジケータです。

そして、そのときのMAラインとの間隔やロウソク足の条件が良ければエントリーしていきます。

上記のチャート画像では全シグナルがいい感じに反発していますね。

1時間足→15分足で方向性を確認し、5分や1分足チャートで流れに沿って逆張りエントリーする感じです。

損切り(逆指値/ストップロス)は矢印が出たラインのヒゲ先に設定、利確は順張り方向とは逆のロウソク足がでたときにしています。

もちろん、シグナルだけに従っていても勝てるとは限らないため、エントリー条件を自分なりにブラッシュアップしていってください。

そうすれば、勝率はだいたい6割くらいにはなるでしょう。
(もちろん保証は出来ませんが…)

 

以上、いくつかのインジケータを紹介しましたが、所詮は1つの加点要素でしかありません。

1つだけのインジケータに頼るのではなく、できるだけ複数の要素が同じ方向で合致したときにエントリーしていくことをおすすめします。

最低3つが合致したらエントリーする、といった自分ルールを作っていきましょう。

高ロットスキャルピング手法のメリット・デメリット

高ロットスキャルピング&ハイレバ手法 メリットとデメリット

メリット

主なメリット
  • すぐに利益を出せる
  • 相場の急変動の影響が少ない
  • 翌日にポジション持越しがなく安心して寝られる

すぐに利益を出せる

単純に高ロットになればなるほど利益額も大きくなります。

また、流れさえつかめれば、取引回数が多い分利益を獲得しやすいです。

小さな利幅ですぐ利確する点も、利益を出しやすい手法と言えます。

相場の急変動の影響が少ない

高ロットスキャルピング手法では注文したポジションを長期保有しないため、相場の急変動に合う可能性が少なくなります。

トレード資金を溶かす要因でもある突発的な急変をあまり意識しなくていい点はメリットです。

翌日にポジション持越しがなく安心して寝られる

ポジションを長期保有するスイング・ポジショントレード手法は、数日~数年単位で持ち続けます。

対してスキャルピング手法は数秒~数分で利確(損切り)することがほとんど。

基本的にチャートに張り付いて売買するスタイルだけに、チャートを見ない時間はトレードしません。

そのため、寝る時間になっても決済できず翌日に持ち越すようなことはなくなります。

精神的に不安を抱えることなくぐっすり睡眠できることはトレード的にも好影響ですし、大きなメリットです。

デメリット

主なデメリット
  • 勝てるようになるまでが簡単ではない
  • 国内業者はハイレバ環境に対応していない
  • ロスカットされやすい
  • 利益は小さく、損失は大きくなりがち
  • 税率が高くなる

勝てるようになるまでが簡単ではない

当然のことですが、簡単に稼げる方法はまずありません。

とくにインターネット上に無料で見られることはないでしょう。

本当にスキャルピングで誰もが稼げる手法があるなら、高額で販売されているはずです。

チャート分析からいろいろな要素をくみ取り、未来を予測していくことになります。

そして、勝てるトレーダーは必ず自分ルールを作り上げ、守ることを徹底しています。

高ロットスキャルピング手法はエントリー回数を増やすことで稼ぎを多くするため、厳選しすぎると売買できなくなってしまいます。

ですが、それでも複数の加点要素が確認できた時だけエントリーするようにしていきましょう。

また、損切りを確実にできるメンタルの強さも必要です。

高ロットトレードは損失も大きくなるため「もしかしたらもう少し保有しておけば反転するかもしれない」と思っているようでは稼げないでしょう。

こればかりは経験を積んで精神力を鍛えていくしかありません。

国内業者はハイレバ環境に対応していない

大きく稼ぐにはハイレバ環境が必須です。

トレード資金を数千万円単位で持っているトレーダーであれば、ハイレバ環境でなくても高ロットで注文できますが、ほとんどの方はそんな大金を持っていないでしょう。

そうなると、最大レバレッジ25倍までの国内FXでは稼ぎにくくなってしまいます。

ハイレバ環境のある海外FXを選ぶことは必須条件です。

ロスカットされやすい

FX業者ではトレーダーの資産を守るため、口座残高が一定水準にまで減ってしまったときに強制決済(ロスカット)する仕組みが用意されています。

そして、高ロットで注文すれば、その分含み損益の変動も大きくなります。

損切りルールを明確にせず、相場が逆行したときに「きっと反転する」と根拠のない希望にすがってしまうようだと、すぐにロスカットされてしまうでしょう。

利益は小さく、損失は大きくなりがち

高ロットスキャルピング手法では、基本的に自分だ決めた価格帯まで到達したらわずかなプラスでもガンガン利確していきます。

利益が大きくなるまでポジションを持つことはありません。

ただし、損切りする価格は利確する価格の値幅より大きめにすることが多いです。

損切りが続けばマイナスが一気に増えてしまい、挽回するのが大変になります。

そのため、自分ルールで3連敗したらその日は撤退する、など決めておきましょう。

損失を取り戻そうとするときほど、判断ミスも多くなり負けやすくなります。

スパッとやめて、翌日スッキリした精神状態で再トライしていくことをおすすめします。

税率が高くなる

日本国内のFX業者で得た利益には、ほかの所得と分けた上で20%の税金が課税されます。

ただし、高ロットスキャルピング手法ではハイレバ対応している海外FXを使うことが最低条件です。

そして、海外FXで得た利益は、ほかの所得と合算して累進課税で税金計算することになります。

次の表は国税庁の個人所得税の税率ですが、195万円以上の時点ですでに所得税10%+住民税10%で20%に達しています。

高ロットスキャルピング手法 日本の所得税率

利益が少ないときはむしろ有利ですが、普通にFX収益だけで食べていけるほどの稼ぎになれば税金面でかなり不利になっていくでしょう。

そうなったら、法人化するなど節税対策していくことになります。

もしくは税金の安い海外へ移住することも選択肢になるでしょう。

高ロットスキャルピングのメリットとデメリットを見てきました。

高ロットというだけでリスクが高くなるため、デメリットの方が多くなってしまいましたが、スキャルピングで稼ぐことは可能です。

ただし、利用規約で禁止されていないハイレバ対応の海外FXを選ばなければ稼ぎようもありません。

そこで、高ロットスキャルピング&ハイレバトレードできるおすすめ海外FX業者を紹介します。

高ロットスキャルピングOK&ハイレバ対応の海外FX業者

おすすめはExness(エクスネス)一択

Exness(エクスネス)という海外FX業者がおすすめです。

Exnessは他社以上のハイレバに対応し、さらに高ロットスキャルピングが禁止されていません。

また、早朝の窓開け時や重要経済指標発表時での高ロットトレードも問題なくできます。

ちなみに、日本で人気の海外FXには次のようなところがあります。

日本で人気の業者
  • XMトレーディング
  • FXGT
  • TitanFX
  • AXIORY
  • HFM
  • BigBoss
  • ThreeTrader
    など

これら業者はスキャルピング自体は可能ですが、高ロットになると対応が厳しくなります。

せっかく利確しても、「このトレードは認められません」となる可能性あり。

後で水を差されるようでは意味がありません。

最初から、安心して高ロットスキャルピングできるExnessを選びましょう。

なお、選択肢がないため他と比べようもありませんが、Exnessは世界トップクラスの取引規模があり、他社以上にハイレベルなトレード環境が整っています。

スキャルピング以外のトレードスタイルの方にもおすすめです。

Exnessのメリット・デメリット

主なメリット
  • 業界トップのハイレバ環境
  • 約定力が高い
  • 日本で積極展開し始めている

Exnessは会社ロゴを刷新し、日本でも積極的に展開し始めています。

調査会社の発表するシェアデータから、徐々に伸びてきている状況です。

今後に期待できる海外FXと言えるでしょう。

主な恵デメリット
  • ボーナスキャンペーンが一切ない
  • 日本での運営実績は短め

ボーナスが一切ありません。

トレード資金が少ない方は不利になるでしょう。

Exnessでハイレバ&高ロットスキャルピングするまでの流れ

トレードするまでの手順
  1. Exnessのプロ口座を開設
  2. プロ口座の有効化
  3. 取引ツールMT5をインストール
  4. 取引ツールからプロ口座にログイン
  5. 最低1000ドル以上を入金
  6. トレードスタート!

【手順1】Exnessのプロ口座を開設

Exnessホームページにアクセスして、口座開設を済ませます。

スキャルピング用の口座は「プロ口座」なので間違えないようにしましょう。

また、取引プラットフォーム(取引するためのツール)はより高性能なMT5を選びましょう。

レバレッジはハイレバと言える1000倍以上を選択しましょう。

【手順2】プロ口座の有効化

Exnessで口座開設が済んだら、次は本人確認書類の提出(口座の有効化)を済ませましょう。

Exnessにログインし、身分証明書と住所確認書類をアップロードします。

詳しい手順はこちらで解説しています。

関連記事

【手順3】取引ツールMT5をインストール

スキャルピングでは少しでも処理が早い方が有利です。

口座開設時にバージョンの古いMT4ではなくMT5を選んでいるはず。

Exness公式サイトの取引プラットフォームのページから、パソコン用のMT5(ウィンドウズかMac版)をダウンロードしてインストールしましょう。

なお、スマホアプリ版もありますが、チャート分析もやり難いですし、対応してないインジケータもあるためおすすめしません。

【手順4】取引ツールからプロ口座にログイン

インストールしたMT5を起動し、Exnessプロ口座の口座番号とパスワード、サーバー名を入力してログインしましょう。

これで取引ツールと口座が紐づけられます。

【手順5】最低1000ドル以上を入金

口座有効化した後ならどのタイミングでも構いませんが、プロ口座の最低入金額以上を入金しましょう。
(1000ドル以上)

口座開設時に日本円を選んでいる方は日本円でOKです。

なお、ハイレバ設定といえる1000倍以上にするには入金額が3万ドル未満でなければいけません。

残高がそれ以上になるとレバレッジ500倍に制限されます。

それでも十分ハイレバではあるのですが、どうせならよりハイレバ設定でトレードできる環境にしておきましょう。

【手順6】トレードスタート!

ここまでで準備完了です。

MT5を開いて、取引開始していきましょう!

Exness(エクスネス)

Exness300x250バナー

さらに上を目指すならここ!

・レバレッジ2000倍(21億倍もあり)
・低スプレッド
・仮想通貨CFD取引OK
・銀行/JCB/仮想通貨決済OK
・違う口座での両建てOK
・高ロットでスキャルピングOK
・最低1ドルから始められる
・多様な日本語サポート対応

※スタンダード口座がおすすめ!
※取引プラットフォームはMT5推奨

高ロットスキャルピング&ハイレバ手法に関するQ&A

よくある質問
  1. 稼げるの?
  2. 国内FX業者でもできる?
  3. リスクは高い?

Q1.稼げるの?

稼ぎやすい手法です。

もちろんトレードで勝てなければ稼げませんが、すべての手法の勝率が同じ場合、高ロットスキャルピング&ハイレバ手法がもっとも効率よく稼げるでしょう。

Q2.国内FX業者でもできる?

できません。

国内業者にはハイレバ環境がありません。最大で25倍までに制限されるため、1000倍以上が一般的な海外業者に比べると低すぎるレバレッジと言えます。

Q3.リスクは高い?

人によります。

損切りが出来なければリスクは高くなります。注文したときに逆指値(ストップロス)を設定してしまう、など損切りルールを決めておけばリスクは減らせるでしょう。

まとめ

FXのハイレバでの高ロットスキャルピングについて解説しました。

ただのスキャルピングトレードならほとんどの業者で問題なくできますが、ハイレバ設定となると海外FX業者しかできません。

さらに高ロットが規制されてないところとなると、海外FXの中でもごく一部しか安心してトレードできません。

現状ではExness(エクスネス)一択です。

ハイレ&高ロットスキャルピング手法でトレードしたい方はExnessでチャレンジしましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次