HFM口座開設 - 手順や注意点、必要書類、ボーナス情報まとめ

HFM口座開設 アイキャッチ画像
【入力3分】HFMリアル口座開設手順
  1. HFM公式サイトにアクセス
  2. 「登録」を押す
  3. 居住国/メルアド/パスワードを入力
  4. メルアド認証を済ませる
  5. HFM公式ににログイン
  6. 詳細情報を登録
  7. 本人確認書類を提出

HFM(HFマーケット)は、18歳以上なら口座開設できます。

ここでは、HFMリアル/デモ口座の開設手順を解説します。

開設できる人の条件や事前準備しておくこと、詳細な手順を徹底解説!

個人トレーダー向けに解説していきますが、法人として登録される方は目次から該当項目をご覧ください。

目次

HFMリアル口座の開設条件

HFM口座開設 条件

開設条件
  • 満18歳以上
  • HFMが対応している国に住んでいる
  • 公的機関発行の身分証明書がある

満18歳以上

HFMでは18歳未満の未成年はリアル口座を開設できません。

どうしてもトレードしたい方は、デモトレードを利用しましょう。

将来のためにお子さんにFXを体験させたいと考えている親御さんもいるかもしれませんが、自分のアカウントを使わせないでくださいね。

他人はもちろんですが、家族名義でも他人名義のアカウント扱いですので禁止されています。

ちなみに、18歳の高校生でもトレードできます。

ただし、法律的に成人でも、本人確認で使える身分証明書など持っていないことが多いためリアル口座の開設は難しいでしょう。

自分でお金を稼ぐまではデモトレードをおすすめします。

なお、HFMでは高齢者に対する年齢制限はありません。

ほかの海外FX業者(XMBigBossなど)では80歳以上も開設できなかったりしますが、HFMであれば問題ありません。

90歳でも100歳オーバーでもFXを始められます。

HFMが対応している国に住んでいる

海外FX業者「HFM」は、世界中のどの国でも対応しているわけではありません。

日本は問題ありませんが、海外に移住している方、これから移住を考えている方はご注意ください。

対応しているかどうか?はHFMのアカウント登録ページを開けば、最初に居住国を選ぶ欄があります。

200か国ほどに対応しているため、まず問題ないと思いますが、リストになければ違う海外FX業者を検討しましょう。

公的機関発行の身分証明書がある

HFM口座の開設は、本人確認書類を提出し審査に通れば完了となります。

そして、日本在住者が開設するなら日本の公的機関が発行した身分証明書が必要です。

運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどが該当します。

海外なら現地の公的機関が発行する身分証明書を取得しましょう。

これら身分証明書が発行できない方、持っていない方は開設できません。

なお、本人確認書類には住所確認書類も含まれます。

こちらは水道光熱費の明細、クレジットカード明細、住民票などが使えるため、比較的準備は簡単なはずです。

HFMリアル口座の開設前に準備しておくもの・こと

HFMのリアル口座開設は、スムーズに行けば5分ほどで完了します。

ただし、事前に準備が整っている場合です。

そこで、スムーズに開設するために、次のものを準備しておきましょう。

開設前に準備するもの・こと
  • メールアドレス
  • 身分証明書
  • 住所確認書類
  • HFM口座タイプの決定
  • 取引プラットフォームの決定

メールアドレス

最初のアカウント登録時にメールアドレスを登録します。

そしてメール認証手続きもあります。

普段使っているメルアドがある方はそれで構いません。

持っていない、またはHFM用に作りたい方はGmailをおすすめします。

編集部でもGmailを使っていますが、トラブルもなくHFMからのメールが届かなかったこともありません。

なお、スマホキャリアのメールアドレスは、HFMの発するメールが届かない可能性があるため非推奨です。

それしかない方はGmailなどで作っておきましょう。

非推奨のキャリアメールアドレス
  • @docomo.ne.jp(ドコモ)
  • @ezweb.ne.jp(au)
  • @au.com(au)
  • @softbank.ne.jp(ソフトバンク)
  • @rakumail.jp(楽天モバイル)

身分証明書

開設条件の項目でも触れましたが、開設手続きを完了させるには本人確認書類の内の1つ「身分証明書」の提出が必要です。

提出可能な身分証明書
  • マイナンバーカード
  • 運転免許証(自動車/原付など)
  • パスポート

HFM公式サイトでは、この3種類が紹介されています。

ほかのサービスでは、在留カード 、 特別永住者証明書、住民基本台帳カード、外国人登録証、障碍者手帳などが使えるところもありますが、HFMではこの3点のみです。

また、アカウント登録時に入力した内容と一致するものでなければいけません。

なお、学生証は対象外のため、18歳以上の学生で免許証などがない方は、どれかを準備しなければいけません。

パスポートなら1万円程度(発行まで1週間ほど)、原付免許証なら8000円程度(最短1日でOK)、マイナンバーカードは発行まで1か月ほどかかります。

HFM以外でもなにかと必要になるものですし、この機会に1つ取得しておくことをおすすめします。

ちなみに、書類は画像で提出することになるため、身分証明書の4隅がしっかり入っている、文字が鮮明で読める、表だけでなく裏面も提出(パスポート以外)など、最低限満たすべき条件もあります。

あまり性能の低いスマホで撮影すると、文字が読めない可能性もあるため、持っていない方は撮影機器も準備しておきましょう。

住所確認書類

本人確認書類は、身分証明書のほかに住所確認書類も1通提出することになります。

次の書類から1つ選んで提出しましょう。

提出可能な住所確認書類
  • 住民票
  • 水道光熱費の明細書(電気・ガス・水道)
  • クレジットカードの明細書
  • 銀行の明細書
  • 携帯電話の明細書
  • 税金の納税通知書
  • 在留カード
    など

この書類は、登録したアカウント名義人が、入力された住所に本当に住んでいるのか?を確認するためのものです。

他人名義では認められません。

同一人物の氏名が載っていること、住所が載っていること、発行から3ヶ月以内であること、文字が鮮明であること、書類の四隅が入っていること、などの条件があります。

審査で落ちると時間がかかるため、提出前にしっかり確認しておきましょう。

HFM口座タイプの決定

HFMには次の四つの口座タイプが用意されています。

口座タイプ4種
  • プレミアム
  • プロ
  • ゼロ
  • セント

おすすめは万能タイプの「プレミアム」です。

プレミアムと聞くと料金が高そうに感じるかもしれませんが、HFMでは開設時の事務手数料や維持手数料はかかりません。

スキャルピングトレードをする方は「ゼロ」をおすすめします。

取引プラットフォームの決定

取引プラットフォームとは、トレードに使うツール(ソフトウェア)のことです。

HFMでは世界的に使われているメタトレーダー(MT)の「MT4」と「MT5」の2バージョン対応しています。

数字はバージョンを表していて、新しい(大きい)数字ほど性能も上です。

FX初心者なら性能が高い「MT5」をおすすめします。

「MT4」は以前から使ってきた方向けですね。

ここまでで、HFMリアル口座の開設準備はOKでしょうか。

つづいて、開設する手順を紹介していきます。

HFMリアル口座を開設する手順

HFM口座開設 手順

パソコンでの開設手順

パソコン版の開設手順
  1. HFM公式サイトを開く
  2. 「登録」ボタンをクリック
  3. 居住国/メルアド/パスワードを入力
  4. メールアドレスの認証を済ませる
  5. HFM公式にログイン
  6. 個人情報を入力
  7. 口座情報を入力
  8. 電話番号の認証
  9. 本人確認書類を提出

【手順1】HFM公式サイトを開く

まずはHFMホームページを開きましょう。

【手順2】「登録」ボタンをクリック

公式サイトが開いたら、目立つ赤色の「登録」ボタンが見えているはず。
(英語表記なら「Register」となっています)

そのボタンをクリックしてください。

【手順3】居住国/メルアド/パスワードを入力

最初に住んでいる国名を選択します。

日本在住なら「Japan」を選びましょう。

アルファベット順に200か国ほどが並んでいるため、3~4割ほどスクロールすれば出てきます。

メールアドレスはGmailなどのフリーメールで問題ありません。

キャリアメールだけはHFMからのメールが届かない可能性があるため非推奨です。

パスワードは、6~15文字、英数字で作成し、大文字小文字を最低1文字入れればOKです。

最後にプライバシーポリシーに同意するにチェックを入れて「登録」ボタンをクリックしましょう。

【手順4】メールアドレスの認証を済ませる

HFMから認証用のメールが届きます。

内容に従って手続きを済ませましょう。

ここまででアカウント登録が完了しました。

続いて口座の開設をしていきます。

【手順5】HFM公式にログイン

登録したアカウント情報で、HFMにログインしてください。

ログインページでは、発行されたIDと手順3で作成したパスワードを入力してください。

【手順6】個人情報を入力

こちらで氏名や生年月日など個人情報を入力していきます。

【手順7】口座情報を入力

つづいて、口座タイプや取引プラットフォーム、レバレッジ倍率の設定など口座情報を決めます。

おすすめは「プレミアム」、取引プラットフォームは「MT5」、レバレッジは2000倍です。

【手順8】電話番号の認証

個人情報の入力欄で登録した電話番号で認証コードを受け取ります。

最初にあなたの生年月日を入力し、その後6桁のコードを入力しましょう。

ここまででHFM口座の開設は完了です。

最後に、有効化手続き(本人確認)を済ませます。

【手順9】本人確認書類を提出

開設完了し、マイページ(myHF)を開くと、「my通知」が表示されています。

その中の「こちらをクリック」リンクを押しましょう。

すると、住所情報を入力欄が出てくるため入力してください。

つづいて口座の基本通貨(JPY/日本円がおすすめ)を選択します。

次に投資家情報として仕事や資産情報を選択肢から近いものを選びます。

すべて入力し終えたら、画面上部に「アカウントを認証してください」が表示されているはず。

そこから本人確認書類のアップロードページを開けます。

準備しておいた画像をアップロードしましょう。

提出後、24時間以内に審査は完了します。

ここまでの解説でHFMリアル座を開設できないときの対処法も紹介しておきます。

モバイル端末での開設手順

モバイル版の開設手順
  1. HFM公式サイトを開く
  2. 「登録」ボタンをタップ
  3. 居住国を選択し次へをタップ
  4. アカウントタイプを選択し次へをタップ
  5. メルアド/パスワードを入力
  6. 規約同意にチェックを入れて完了
  7. 送られてくるメールを確認し認証を済ませる
  8. HFM公式にログイン
  9. 個人情報を入力
  10. 口座情報を入力
  11. 電話番号の認証
  12. 投資家情報を入力
  13. 本人確認書類を提出

【手順1】HFM公式サイトを開く

最初に公式サイトを開きます。

【手順2】「登録」ボタンをタップ

ページ内にある「登録」ボタンをタップしましょう。

【手順3】居住国を選択し次へをタップ

パソコン版と違い、モバイル版は居住国だけの選択欄が表示されています。

日本在住ならJapanをタップしてください。

【手順4】アカウントタイプを選択し次へをタップ

個人、法人、共有の中で該当するものを選んでください。

ここでは「個人」を選んだパターンで開設を続けていきます。

【手順5】メルアド/パスワードを入力

メールアドレスと6~15文字のログインパスワードを作成・入力してください。

【手順6】規約同意にチェックを入れて完了

プライバシーポリシーへの同意にチェックを入れて「登録」ボタンをタップすればアカウント開設完了です。

【手順7】送られてくるメールを確認し認証を済ませる

登録したメールアドレスに、認証メールが届いています。

メールを開いて手続きを済ませましょう。

【手順8】HFM公式にログイン

ここからは口座を開設していきます。

まずはHFMにログインしましょう。

すると通知メッセージが表示されています。

メッセージ内のある「こちらをクリック」をタップしてください。

【手順9】個人情報を入力

氏名は生年月日などの個人情報を入力します。

【手順10】口座情報を入力

開設する口座タイプ、取引プラットフォーム、レバレッジ倍率などを決めていきます。

【手順11】電話番号の認証

SMS、通話、アプリから手順を選び、6桁のコードを受け取ります。

確認用の生年月日を入力したら、認証コードを入力しましょう。

【手順12】投資家情報を入力

あなたの職業や年収、犯罪歴などを選択式で入力していきます。

間違っていてもとくに問題ありませんが、近いものを選んでください。

【手順13】本人確認書類を提出

ページ上に「アカウントを認証してください」が表示されているはず。

タップして書類提出ページを開きます。

あとは画像ファイルをセットしてアップロードすれば完了です。

最大でも24時間以内に審査が終わります。

ここまでの手順で進めても開設できない場合、次の原因を確認してみましょう。

HFMリアル口座を開設できない原因と対処法

開設できない原因
  • 同じメールアドレスで1度開設している
  • メールが届いていない
  • 提出書類に不備がある
  • 通信障害が発生している
  • デモ口座と間違えている

同じメールアドレスで1度開設している

HFMは旧HotForex時代から日本市場でサービス提供してきました。

旧HotForex時代に同じメールアドレスでアカウント登録していると、HFMでも開設できません。

パスワードやログインIDを紛失してしまったなら、HFMのサポートに問い合わせてください。

メールが届いていない

キャリアメールは海外サービスからのメールだ届かない可能性があります。

迷惑メールフォルダなどをチェックしてもHFMからのメールが届いていないようなら、Gmailなどフリーメールでアカウント路作り、最初から登録し直しましょう。

まずは認証メールが届かなければ前に進みません。

提出書類に不備がある

文字が鮮明でない、身分証明書で顔写真がない、期限が切れている、アカウント登録者と別名義の書類をアップしている、など不備があると審査に通りません。

もう一度提出書類の画像ファイルを確認し、基準を満たしているかチェックしてみましょう。

通信障害が発生している

運悪く通信障害が発生している可能性もあります。

契約している通信回線業者がメンテナンスしていたり障害が発生しているなら業者のホームページを確認してみましょう。

自分の通信環境に問題があるなら、コードの線が抜けていないか、コードやルーターなどにトラブルが起こっていないか、電波は正しくつながっているか、などを確認してみましょう。

デモ口座と間違えている

デモ版とリアル版は登録ページが異なります。

デモ版の登録ページから開設していませんか。

HFM公式を開くと、「登録」ボタンがあるためそこを押してください。

なお、ボタンのすぐ下に「無料のデモ口座」というリンクがあり、こちらがデモ版の登録ページになっています。

HFMデモ口座の開設方法

開設手順
  1. HFMでアカウント登録
  2. メール認証
  3. HFMにログイン
  4. デモ口座を開設

デモ口座も途中まではリアル口座と同じように手続きを進めます。

アカウント登録後の口座開設の段階でデモ版を選んで進めましょう。

開設できたら、取引プラットフォームをHFM公式サイト内からダウンロードしインストールしましょう。

MT4/MT5を起動し、デモ口座にログインすればFXトレードを自由にできます。

なお、MT4で3つ、MT5で3つの合計6つまで開設可能です。

HFMの法人口座を開設する方法

法人はアカウント登録時のアカウントタイプで「法人」を選んで進めていきます。

提出書類がかなり異なるため、法人関係の書類を準備しておきましょう。

また、申込用紙への記入も必要です。

必要書類や申し込み用紙の記入方法などは、こちらの記事で詳しく解説しています。

HFMのパートナー口座の開設方法

開設手順
  1. HFM公式ページにアクセス
  2. 「パートナーになる」を押す
  3. 「今すぐパートナーになる」を押す
  4. パートナー口座情報を入力し「登録」を押す
  5. パートナーマネージャーとメールでやり取り

HFMではパートナー登録もトレード口座と同じく公式サイトから手続きします。

専用の登録ページがあるため、必要情報を入力して登録して下さい。

その後は担当者からメールが届きます。

やり取りを進めて登録を完了させましょう。

HFMの口座開設に関するQ&A

よくある質問
  1. 開設手続きにかかる時間はどれくらい?
  2. 日本語で手続きできる?
  3. 日本以外に住んでいても開設可能?
  4. 初心者でも使いやすい?
  5. 開設後の入金手段は?
  6. アカウント情報の不正利用はない?
  7. サポートは日本語対応している?
  8. 口座開設ボーナスはある?
  9. ほかの海外FXよりHFMを選ぶメリットは?

    Q1.開設手続きにかかる時間はどれくらい?

    最短5分ほど完了できます。

    なお、開設手続きだけなら最短5分程度で完了しますが、提出書類が準備できていること、選択肢が決まっていることが前提です。準備なしでは10分以上かかるでしょう。また、身分証明書がない場合は、取得する時間も含めれば1週間以上かかってしまうでしょう。ちなみに、提出した本人確認書類の審査に最大24時間かかります。

    Q2.日本語で手続きできる?

    日本語で手続きできます。

    日本からHFMサイトにアクセスして手続きすれば日本語でできます。海外でアクセスすれば、英語・もしくは対応しているなら現地の言語で手続きすることになります。なお、氏名や住所はローマ字入力です。

    Q3.日本以外に住んでいても開設可能?

    HFMなら多くの国で対応しています。

    世界200か国近い国でHFMを利用できます。最初のアカウント登録時に選択する居住国で、住んでいる国名を選択しましょう。なお、本人確認書類も現地で取得した身分証明書と住所確認書類を提出してください。

    Q4.初心者でも使いやすい?

    初心者でも快適にトレードできます。

    海外FXならではのハイレバレッジ環境、トレードスタイルに応じて選べる口座タイプ、ゼロカットによる借金リスクのない環境で安心してFXトレードできます。初心者なら最初はプレミアム口座を、取引プラットフォームはMT5で始めましょう。

    Q5.開設後の入金手段は?

    複数の入金手段が用意されています。

    銀行振込、クレジットカード(JCB/VISA/MasterCard)、仮想通貨、bitWallet、BXONE、bitpayに対応しています。手数料の安さで選ぶならbitwalletがおすすめです。なお、決済サービス側でも口座開設が必要になるため、先に済ませておきましょう。

    Q6.アカウント情報の不正利用はない?

    不正利用はありません。

    現在までに、HFMが顧客情報を不正利用した事実は確認されていません。顧客情報の管理については、ライセンス取得時に審査されているため問題ないでしょう。

    Q7.サポートは日本語対応している?

    日本語サポートに対応しています。

    ライブチャット、問い合わせフォーム、メールサポート(宛先:backofficeasia@hfm.com)が使えます。電話も対応していますが、日本語には非対応です。英語やその他対応言語が話せる方は問題なく利用できます。

    Q8.口座開設ボーナスはある?

    現在はありません。

    以前は初心者向けの口座開設ボーナスを出していたため、また復活する可能性は十分あります。現在は20%入金ボーナスのみ開催されています。

    Q9.ほかの海外FXよりHFMを選ぶメリットは?

    レバレッジ面で有利です。

    より高いレバレッジ(最大2000倍)、緩いレバレッジ制限(残高3000万円までなら最大500倍レバレッジ)が魅力です。海外FXを選ぶ理由の1つがハイレバレッジ環境にあるため、HFMなら満足できるでしょう。

    まとめ

    HFMの口座開設方法を紹介しました。

    アカウント登録、口座開設、有効化と3段階に分かれているため、他社に比べて多少時間がかかりますが、難しい部分はありません。

    紹介した手順のとおりに1つ1つ進めていってください。

    HFMなら、国内FX業者より優れた環境で快適にトレードできるでしょう。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次