XMでMT4とMT5はどっちがいい?おすすめ取引プラットフォームの選び方

XM MT4とMT5 アイキャッチ画像

日本で最も利用されている海外FX「XM(エックスエム)」。

「ここでトレードして稼ぐぞ!」

そう意気込んで口座開設手続きのページを開くと、よくわからない用語がいっぱいで困っていませんか?

最初の難関「ブランド名(組織名)」については別記事で解説してますので参考にしてください。
(おすすめはFSAです)

ここでは、次の難関「メタトレーダーのバージョン(取引用のツールのこと)」の欄で選ぶことになる「MT4」と「MT5」について徹底解説していきます。

2種類の取引ツールの違いや、どっちがおすすめなのか?についてまとめました。

編集部
初心者の方には性能が上のMT5をおすすめします!

\今ならここから登録で軍資金13000円もらえる/
【入力5分】XM公式
口座開設はこちら(無料)

【おすすめ選択肢】
ブランド名:FSA
口座タイプ:スタンダード
取引プラットフォーム:MT5

目次

メタトレーダーのMT4とMT5とはどんなもの?

XMのMT4とMT5 どんなもの?

MTとはメタトレーダー(meta trader)の略称で、銘柄を注文したり決済するための取引ツールのことです。

開発元はロシア企業のメタクウォーツ社で、無料で使えるソフトウェアとしてインターネット上に公開されています。

そして、メタトレーダーには現在4と5の2バージョンあり、数字が大きい5の方が新しく性能も向上しています。

現在はMT4のサポートは終了しているため、メタクウォーツ社の公式ホームページ上ではMT5しかダウンロードできない状態。

ですが、XMのようなFX業者側では、自社仕様に変更した上でどちらのバージョンも無料配布されています。

では、どっちを選ぶべきなんでしょうか。

それぞれについて、どんな方におすすめなのか?を解説していきます。

どっちのメタトレーダーがおすすめ?

XMのMT4/MT5 どっち?

MT4がおすすめの人

こんな人におすすめ
  • 昔からMT4を使っている
  • MT4だけで対応しているインジケータを使いたい
  • MT4だけに対応してるEAを使いたい
  • スキャルピングトレードをあまりやらない
  • MT4のみ対応しているFX業者を使いたい

昔からMT4を使っている

2005年にメタクウォーツ社がリリースしたMT4は、誕生から約20年経っています。

それだけに、登場した当初から使ってきたトレーダーは、あえて環境を変える必要もありません。

むしろ、FXで勝てているなら変えないほうがよいくらいです。

慣れないツールに切り替えてしまうと、いままでのトレードスタイルに乱れが生じる可能性もありますからね。

MT4だけで対応しているインジケータを使いたい

メタトレーダーにはインジケータというチャート分析やトレードを補助してくれる機能が標準搭載されています。

また、インジケータにはユーザーが独自開発したものも数多くリリースされています。

MT4は稼働歴が長い分、専用に作られたカスタムインジケータの数も多いです。

そういったカスタムインジケータの中で愛用しているもの、使いたいものがある場合はMT4を選ぶことになります。

MT4だけに対応してるEAを使いたい

メタトレーダーのインジケータには、EA(自動売買ツール)も含まれます。

メタトレーダーを機能しておけば、EAのルールに従って自動で取引してくれるため、上手に活用すれば放置で稼ぐことも可能です。

そして、上の項目で触れたように、MT4のほうが対応するEAも多いです。

開発元のサポートが終了した今でもMT4用の新しいEAはリリースされていますし、まだまだ現役で使い続けられるでしょう。

また、EAなどインジケータを作成するユーザー側も、MT4の環境に慣れているからこそそのまま使い続ける可能性は高いです。

スキャルピングトレードをあまりやらない

MT4は超短期売買を繰り返すスキャルピングトレードも可能ですが、相性の良い仕様にはなっていません。

よってスキャルピングをしたい方にはおすすめしません。

FXトレードをするには、XMのようなFX業者で口座開設しなければいけません。

そして、トレードスタイルによって専用にチューンナップされた口座タイプが用意されています。

大きく分けると、まずDD方式とNDD方式の2つに分かれます。

さらに、ユーザーの注文をFX業者側で預からず市場に流すNDD方式は、STPとECN方式の2つに分かれます。

STP方式はスプレッドという手数料を上乗せする方式、ECN方式は別であとから手数料を取り、オーダー自体には何もせず市場に流す方式のため処理が早くなります。

MT4はSTP方式向けに開発されたもの。

ECN方式より処理が遅くなるため、スキャルピング向けではありません。

MT4のみ対応しているFX業者を使いたい

ごく一部ですが、いまだに旧バージョンのMT4のみ対応しているFX業者もあります。

そういった業者を使う事情がある場合はMT4になるでしょう。

なお、当サイトでおすすめしている海外FXは、全社2つのバージョンに対応しています。

MT5がおすすめの人

こんな人におすすめ
  • 初めてFXトレードをする
  • 性能が高いほうを選びたい
  • スキャルピングトレードをやりたい
  • 裁量トレードがメイン
  • この先もずっとFXを続けていく
  • ソフトウェアにトラブル発生時のリスクを減らしたい

初めてFXトレードをする

これからFXを始めるなら、最初から性能の高いMT5でスタートすることをおすすめします。

あとでどうしても使ってみたいMT4用のインジケータやEAが見つかったら、その時に検討すれば問題ありません。

性能が高いほうを選びたい

家電やスマホ、パソコンなどと同じように、少しでもスペックが良いものを使いたい、新しいものを選びたい方にはMT5がおすすめです。

スキャルピングトレードをやりたい

MT4の項目で紹介したように、MT5はNDD方式&ECN方式です。

ユーザーの注文に手を加えず実際に売買されている金融市場にそのまま流してくれるため、処理が早くなります。

そのため、オーダーしてから秒単位で精算することもあるスキャルピングトレードと相性が良いです。

また、ツール自体の性能もMT5の方が上ですので、ツール上での処理も早く、より快適にトレードできます。

裁量トレードがメイン

MT4より処理性能が高いこと、対応するEAが少ないことから、MT5は自分で売買する裁量トレードとの相性が良いです。

チャート分析に有利な時間足の種類も多く、過去チャートを動かして分析・勉強できるストラテジーテスター機能もパワーアップしています。

FX銘柄やゴールドなどの貴金属といった銘柄に関係なく、裁量トレードするならMT5がおすすめです。

この先もずっとFXを続けていく

MT6がでればまた違ってきますが、開発元のメタクウォーツ社が現行でサポートを続けているMT5のほうが将来性があります。

10年、20年後には次のバージョンが出ているかもしれませんが、サポートが終わっているMT4より長生きするのはまちがいありません。

人生をかけて取り組む価値のあるトレードをこの先も続けていくなら、MT5を選んでおくことをおすすめします。

ソフトウェアにトラブル発生時のリスクを減らしたい

現行モデルのMT5であれば、開発元によるサポートが続いています。

もしトレードに影響の出るような不具合などが発生した場合、MT5なら対応してもらえるでしょう。

ほぼ起こることはないリスクですが、ゼロではありません。

小さなリスクも気にされる方はMT5をおすすめします。

ここまでで、どっちを選ぶかある程度決まったと思います。

とはいえ、選択肢を間違えたからといって取り返しがつかないものでもありません。

あとで切り替えればいいだけです。

まずは、なんとなくでも問題ないため良さそうに感じたほうでXM口座を開設していきましょう。

\XMの口座開設ページはこちらから開けます/

XMのMT4とMT5の違いを比較

XMのMT4とMT5 違い

比較項目 MT4 MT5
リリース 2005年 2010年
開発元のサポート 終了 あり
日本語対応 対応 対応
動作速度 遅い 早い
インジケータ 多い 少ない
ワンクリック注文 対応 対応
時間足の種類 9種類
1/5/15/30分足
1時間/4時間足
日足/週足/月足
21種類(スマホ9種類)
1/2/3/4/5/6/10/12/15/20/30分足
1/2/3/4/6/8/12時間足
日足/週足/月足
EAの種類 多い 少ない
対応業者 多い 普通
過去チャート分析 対応 対応

比較項目について解説しておきます。

リリース

各バージョンが登場した年です。

MT4が登場してから5年後に新バージョンMT5がリリースされました。

開発元のサポート

MT(メタトレーダー)を開発・リリースしているメタクウォーツ社のサポート状況です。

現状はMT5のみサポートが続いています。

日本語対応

どっちも日本語に対応しています。

動作速度

旧型より、新型のMT5のほうが処理は高速です。

インジケータ

チャート分析を補助してくれる、後付け可能なプログラムです。

スマホならいろいろなアプリをインストールするような感じですね。

MT4はユーザーが独自開発したカスタムインジケータがインターネット上にたくさんリリースされています。

ワンクリック注文

メタトレーダー上でワンクリックで注文・精算するための機能です。

メタトレーダー起動⇒ツール⇒オプション⇒取引⇒ワンクリック注文をオンにすればできるようになります。

時間足の種類

価格変動をわかりやすく表示してくれるチャートにはいくつかの時間ごとに分かれていて、これを時間足と呼びます。

世界中のトレーダーに1番よく見られていると言われるのは日足チャート。

1日(24時間)を1つのロウソク足として表示しています。

このように特定の時間ごとにロウソク足を表示できるため、短期・中期・長期目線などで価格変動の動きを予測しやすくなります。

MT5はこの時間足が細かく分かれていて、より詳細にチャート分析できるようになっています。

EAの種類

自動売買してくれるEAは、XMなどのFX業者側で提供するものと、ユーザーが独自開発したものがあります。

そして、リリースからの期間が長いMT4のほうがEAの数は多いです。

対応業者

トレードするためには、FX業者で開設した口座とメタトレーダーを紐づける(ログインする)必要があります。

XMはMT4とMT5のどちらも対応しているため問題ありません。

また、XMのような海外FX業者はたいていメタトレーダーに対応していますが、日本国内業者は独自ツールを用意していることも多く、対応している業者は少なくなります。

過去チャート分析

メタトレーダーに標準搭載されているストラテジーテスターという機能。

これを使うと、過去チャートを動かすことができます。

たとえば、2010年1月1日10:00からスタートしてトレードを練習する、といった使い方ができます。

また、過去チャートを元にEAをテストすることも可能です。

この機能も新しいバージョンであるMT5のほうが性能は良くなっています。

かなり動作が重くなる機能だけに、少しでも快適に使いたいならMT5を選びましょう。

XMのMT4とMT5をポイント別にレビュー

XMのMT4/MT5 比較

MTを愛用している編集部ライターが、次の項目を徹底比較していきます。

比較ポイント
  • 動作・処理速度の違い
  • 時間足の違い
  • インジケータの違い
  • チャート分析・検証ツールの違い
  • 対応するEAの違い

動作・処理速度の違い

基本的に性能では2010年に登場したMT5が上のためおすすめです。

2005年にリリースされたMT4は、当時のパソコン環境に適した仕様で開発されているもの。

最新のパソコンで使っても現在の環境に適していないため、快適性が大きく改善されることはないでしょう。

ただし、普通に使うだけなら驚くほどの違いは感じられないでしょう。

たくさんのチャートを同時に表示させたり、スキャルピングでもしない限りどっちを選んでも問題ありません。

とはいえ、いまでも2010年以前に発売したパソコンを使っている方はさすがにいないと思いますが、端末側の性能が数世代前のスペックならMT5のほうが快適に使えるでしょう。

時間足の違い

MT4の9種類に対して、MT5は21種類に対応しています。
(スマホアプリ版はどちらも9種類)

トレードする上ではMT4の9種類だけで十分です。

むしろ、世界中の多くのトレーダーがチェックしている時間足を分析したほうが、勝率も高くなるでしょう。

利用者数ではまだまだMT4に分があります。

となると、利用者数が少ないMT5だけで使える11種類の時間足チャートは、必然的にチェックしている人数も少なくなります。

エントリーする上では、できるだけたくさんのトレーダーが反応するポイントを見つけるほうが有利です。

参考データは多いに越したことはありませんが、時間足は9種類だけでも困ることはありません。

この点に関してはどっちを選んでも問題ないでしょう。

インジケータの違い

ユーザーが作成したカスタムインジケータ数ではMT4が圧倒的に有利です。

ただし、編集部ライターは最初から標準搭載されている次のインジケータしか使っていません。

  • MA/移動平均線
  • RSI
  • ボリンジャーバンド(現在は不使用)
  • ADX(現在は不使用)

先に紹介した時間足と一緒で、多くのトレーダーが使っているインジケータのほうが反応する確率は高くなります。

もちろん、ここで挙げたインジケータ以外にも優れたものはありますが、情報を増やし過ぎても勝率が上がるわけではありません。

よく利用されているものだけを用いて、シンプルな手法でトレードスタイルを突き詰めてことが勝てるトレーダーへの近道だと感じています。
(あくまで個人の感想です)

というわけで、インジケータに関してはどっちを選んでも同じです。

また、愛用していたMT4のカスタムインジケータがMT5対応版としてリリースされるかどうかはわかりません。

開発に使うプログラム言語が異なるため、利用者が少ないMT5のために労力を割くくらいなら、いまでも使われているMT4を使えばいいだけ。

MT4が現役でいる限り、現状から変わることはまずないでしょう。

チャート分析・検証ツールの違い

メタトレーダー標準搭載の検証ツール「ストラテジーテスター」。

これに関しては圧倒的にMT5が使いやすくなっています。

過去チャートを使って検証するため、まず過去のデータを準備することになるんですが、MT4は自分でダウンロードするなどして用意しなければいけません。

これがかなり時間もかかり、ストレスを感じるんですよね。

対して、MT5はテストするときに自動でダウンロードしてくれます。

ほかにもいろいろ進化していますが、この点だけでもMT5をおすすめします。

さらに、検証時間も短縮化されています。

勝てるトレーダーは必ず過去チャートを分析してスキルアップしているもの。

その環境が快適なら、やる気も出ますし成長も早くなるでしょう。

そういった意味でも断然MT5をおすすめします。

対応するEAの違い

編集部ライター自身は、MT4に対応するEAしか使ったことがありません。

ですが、数多くの有料・無料ツールのどちらも使ってきた中で、MT5対応のものは1つもありませんでした。

やはり、種類の多さはMT4に軍配があがります。

上の項目で触れましたが、開発に使うプログラム言語が違うため、MT4のほうが作りやすいのは事実です。

EAに関しても、MT4が完全に使えなくならない限りこの傾向が続くと言えるでしょう。

以上のことから、EAを使いたい方はMT4をおすすめします。

XMのMT4とMT5のインストール方法

XMの口座開設がまだの方は、先に済ませておきましょう。

ここまででどっちを選ぶか決まっていると思いますが、まだ迷っているならとりあえず性能が上のMT5をおすすめします。

MT4が使いたくなったらあとで切り替えればOKです。

切り替え方はこちらの項目をご覧ください。

あとでMT4⇔MT5の切り替えは可能?

パソコンにインストールする方法

手順
  1. XM公式サイトにアクセス
  2. メニューから「プラットフォーム」をクリック
  3. PC/MACの欄から該当するメタトレーダーをクリック
  4. 「ダウンロード」ボタンを押す
  5. ダウンロードしたインストールツールをダブルクリック

スマホにインストールする方法(タブレットも)

手順
  1. アップルストア/グーグルストアを開く
  2. MT4かMT5で検索
  3. アプリをインストールする

アプリ版はXM公式サイトからはダウンロードできません。

アプリストアで探してインストールしましょう。

あとでMT4⇔MT5の切り替えは可能?

可能です。

ただし、今使っている口座でそのままMT4⇔MT5を相互に切り替えることはできません。

XMの追加口座を開設するときに、違うバージョンを選んで開設すれば実質的に切り替えることができます。

XMでは8つまで口座を開設できるため、あまり枠があるなら追加で開設しましょう。
(ない方はXMマイページで不要な口座を解約すれば可能です)

なお、次の手順で切り替えられます。

MT4⇔MT5を切り替える方法

切り替え手順
  1. XMマイページにログイン
  2. 追加口座を切り替えたい取引プラットフォームで開設
  3. 元の口座から資金を移動

XMの追加口座を開設して、資金を移動させるだけです。

開設、資金移動などすべて無料でできます。

XMでは8つまで口座を持てるため、まだどっちを選ぶか決まっていない方は2つの口座を開設してどちらも試してみてください。

XMならデモ口座にも対応しているため、それで試すのもおすすめです。

XMのMT4とMT5に関するQ&A

よくある質問
  1. MT4はいつまで使える?
  2. MT6が出る予定は?
  3. XMでメタトレーダー以外の取引ツールは使えない?
  4. パソコン版とアプリ版の違いは?
  5. Windows版とMac版の違いは?
  6. MT4を5にバージョンアップできる?

Q1.MT4はいつまで使える?

不明です。

開発元会社のサポートは終了しているため、緩やかに利用者数は減っていくとは思います。ですが、いまだにMT4でしか使えないFX業者や対応ツールもあります。また、XMをはじめ対応するFX業者側も提供をやめる流れはみられません。利用するトレーダーがいる限り続くでしょう。

Q2.MT6が出る予定は?

そういった話はでていません。

もちろん、開発元の会社内部では次のモデルの話は出ている可能性が高いです。人気ツールだけに、新バージョンをリリースしたら、すぐに次モデルの話はでていることでしょう。ただし、いつ頃リリースするといった具体的な話は見られません。

Q3.XMでメタトレーダー以外の取引ツールは使えない?

使えません。

対応しているのはMT4とMT5のみです。XM公式で独自アプリもリリースしていますが、ベースはMT5です。他社で見かけるcTraderなどの取引ツールには対応していません。

Q4.パソコン版とアプリ版の違いは?

パソコン版にしかできない使い方があります。

EAの設定、ミラートレードの設定、ストラテジーテスター、取引履歴データの出力などはパソコン版でなければできません。確定申告では基本的に履歴データを提出することになるため(管轄税務署しだい)、どちらにしてもパソコン版のインストールはしておくほうがいいでしょう。

Q5.Windows版とMac版の違いは?

機能に大きな違いはありません。

ただし、メタトレーダー自体がウィンドウズOS向けに開発されているため、多少使いにくく感じる部分はあります。とくに新しいMacでMT4が動かないケースもみられます。うまく動かないときは、MacOS上でウィンドウズを起動するソフトを使ってウィンドウズ版を利用してみましょう。

Q6.MT4を5にバージョンアップできる?

互換性がないためできません。

パッと見では似たようなデザインですし数字が違うだけですが、別物です。ゲームのドラクエで例えるなら、ドラクエ4と5の違いのような感じですね。全く互換性はありません。

まとめ

XMで口座開設時にMT4とMT5のどっちを選べばいいのか?について解説しました。

簡単に分けると、初心者や裁量トレードする方はMT5、むかしからMT4を使い続けてきたトレーダーやEAを使う方はMT4をおすすめします。

迷っているなら、両方使ってみましょう。

XMは8つまで追加口座を開設できるため、MT4とMT5に分けて実際に使ってみるのが一番です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次