元手0円で始められます⇒最新ボーナス情報

XMのNDD方式は嘘?実際はDD方式?2つの違いやメリット・デメリットを解説

XMのNDD方式は嘘? アイキャッチ画像

XMでは公式サイト上でNDD方式だと明言していません。そのため、本来なら「嘘かどうか?」という論点は成り立たない状況です。ここでは、ネット上で一部の人が主張している内容が嘘かどうか?について見ていきます。

FX業者がお客さんのオーダーを処理する方式は、「DD方式」と「NDD方式」に分けられます。

海外FX「XM」では「NDD方式」に対応しています。

ですが、ネット上では「XMのNDDは嘘」という声も見かけます。

なぜ嘘と言われるのでしょうか。

そこで、XMのNDD方式対応が嘘なのか真実なのか、またメリット・デメリット、対となるDD方式との違いについて解説していきます。

\今ならここから登録で13000円ボーナスあり/
\元金不要で始められます/

【入力4分】XM公式
口座開設はこちら(無料)

【おすすめ選択肢】
ブランド名:FSA
口座タイプ:スタンダード
取引ツール:MT5

目次

XMはNDDとDD方式のどっち?

XM NDD方式 どっち?

DD/NDD方式とはどんなもの?

DD方式とは?

DD(Dealing Desk)とは、トレーダーの注文をFX業者が一旦預かって、その後業者が金融市場(インターバンク市場)へ流す仕組みです(流さないこともある)。日本のFX業者はこちらを採用していることが多いです。

注文を預かった業者側では、市場に流すか業者内でとどめるかを判断します。勝つと判断すれば市場に流すため手数料収入だけとなります。反対に負けると判断して市場に流さないときは、トレーダーの損失は業者の利益となります。トレーダーの9割以上は負けるため、こちらを選んだほうがより利益を得られるわけですね。

NDD方式とは?

NDD(No Dealing Desk)とは、トレーダーの注文をそのまま金融市場(インターバンク市場)へ流す仕組みです。XMを始め、海外FX業者はNDDを採用していることが多いです。さらにNDD方式はSTPとECN方式に分かれるんですが、その点についてはこちらの項目で解説します。

ただし、業者側が「NDD方式です」といっていても、実際はそうでないこともあります。

DDとNDD方式の主な違いは、ユーザーと金融市場の間に業者側の操作が入るかどうか?です。

何か商品を買うときも、製造元から直接購入したほうが余計なコストはかかりません。

間に卸業者が入ればその分手数料がかかってしまうため、客側からすればデメリットです。

もちろんメリットもあり、欲しい品を卸業者が持っていれば早く手に入ります。

FXトレードにおいても同様で、いい面も悪い面もあります。

それぞれのメリット・デメリットについては後述するとして、先に2つの違いについて詳しく解説していきます。

DDとNDD方式の大きな違いは?

XMのNDD方式は嘘? DD方式との違い

信頼性と約定力が違います。

DD方式はFX業者側でトレーダーの注文を一旦預かるため、自由に操作できてしまう仕組みです。

また、市場に流さない分、注文・精算処理は早くなる=約定力が高くなるメリットもあります。

なお、業者側にとって稼ぎやすい仕組みですが、ユーザー側からすれば隠れて何をされているかわかりません。

不正操作される可能性もあるため信頼性は低くなります。

対して、NDD方式は注文に手を加えず市場に流してくれる形式。

透明性が高く信頼性も高いと言えるでしょう。

では、本題となるXMのNDD方式対応は嘘なのか?について。

嘘だと主張しているユーザーさんたちの声を調査してみました。

XMのNDD方式は嘘?に関するユーザーの声

XMのNDDは嘘? ユーザーの声

ツイッター(X)をみると、さまざまなユーザーがXMはNDDではないと主張しています。

それらの方たちは、嘘と考えている根拠として次のように主張しています。

NDD方式を嘘と感じている要因
  • XMのデモとリアル口座のチャートで違う部分がある
  • ボーナスがあるから
  • ハイレバ環境だから
  • ゼロカットありだから

いずれにしても、明確に嘘であるといえる根拠はありません。

1つ1つについて見ていきましょう。

XMのデモとリアル口座のチャートで違う部分があるから嘘?

XMデモ口座とリアル口座のチャートに違いがある点から嘘だと言っているユーザーさんもいます。

ですが、そもそもデモ口座は注文を金融市場に流す必要がないため、リアル口座とは多少違うものです。

実際に金融市場に流すような疑似的な処理をしていたら、リアルトレードしている方のシステムまで負荷をかけるだけですのでやらないでしょう。

また、本当に市場に流す処理をした場合は、XMが注文金額を負担することになるため実際にすることはないでしょう。

ボーナスがあるから嘘?

XMでは、入金しなくてもトレードできる口座開設ボーナスを配っています。

それを元手にハイレバ環境でトレードすれば、自分の財布から持ち出しなしに稼ぐことも可能です。

そして、ボーナスマネーでいくら稼がれても、XM側には手数料収入は入ってきません

だからこそ、金融市場に注文を流さず自社内で処理している、と考えている方もいるようです。

ただし、ボーナスは新規トレーダー獲得のための宣伝広告費・必要コストとも言えます。

XMは利用規約でボーナスを使って簡単に稼げる手法を禁止していますし、必要以上に損失を出さないためのリスク管理体制は整っていると言えるでしょう。

そして、10年以上運営を継続できていることからも、うまくいっているのでしょう。

よって、この点を嘘の根拠にするのは弱いと言えます。

ハイレバ環境だから嘘?

ハイレバ(ハイレバレッジ)を根拠に嘘と主張しているユーザーは、レバレッジが1000倍もあったら破綻する、と考えているようです。

XMには世界中に100万人以上のユーザーがいます。

もし全ユーザーが1000倍レバレッジでトレードした場合、膨大な資金を肩代わりすることになるでしょう。

現実的ではありませんね。

具体的な理由がなかったため嘘と決定づける根拠は不明ですが、十分に納得できる言い分です。

ゼロカットありだから嘘?

XMには追証がなしになるゼロカット制度があります。

トレードで口座残高がマイナスになることがあれば、ゼロカットのない国内FX業者は借金請求してきます。

ですが、XMはそのマイナス分を負担してくれるため、トレーダーにはダメージがありません。
(入金したトレード資金は失いますが)

このゼロカットという仕組みはXMにとってかなりの負担になることは間違いないでしょう。

ですが、そもそもゼロカットはめったに起こりませんし、XMの利用規約でゼロカットを悪用するトレードは禁止されています。

バレれば稼いだ収益分は没収されるため、損失を完全に相殺できなかったとしても、ダメージは減らせるでしょう。

また、過去にスイスフランのフラッシュクラッシュによって多数のユーザーに対しゼロカットが適用されましたが、XMは逃げることなく対応していました。
(ゼロカットありといっていた一部の海外FXは請求あり)

よって、ゼロカットがあることは嘘の根拠とはならないでしょう。

以上、XMのNDD方式は嘘、というユーザーの声だけでは明確に嘘とは言えません。

そこで、編集部でXMサポートに問い合わせてみました。

XMサポートに問い合わせた結果

XMのNDDは嘘? サポートの回答

「どちらかです」との回答はなく、「ハッキリ明言していません」との回答でした。

「ディーリングデスク部門(※)はあるが人的介在はない」とのことだったため、場合によって人ではなくシステム上で自動的に使い分けているのかもしれません。
(※顧客のオーダーを操作できる仕組み)

なお、XM公式サイト内でもどちらかだとは明言されていません。

よって、嘘は言っていませんし、そもそも嘘にもなりません。

あえて言うなら、「XMはNDD方式です」と言い切っているユーザーさんが嘘をついていることになります。

結局のところ内部関係者でなければ真実はわかりませんが、正解に近いのは「どちらも使っている」になるかと思われます。

つづいて、NDD方式にはSTPとECNという2つの種類があります。

XMではどちらを採用しているのか?について解説していきます。

XMのNDD方式はSTP/ECN方式のどっち?

STP方式とは?

STP=Straight Through Processing方式とは、トレーダーの注文がFX業者のシステムで金融市場に流される仕組みのこと。金融市場は、銀行や投資家、ファンドなどが含まれ、これらはリクイディティプロバイダーとも呼ばれます。市場側ではXMで注文されたレートにスプレッド分が上乗せされた価格が提示され売買されます。

ECN方式とは?

ECN=Electronic Communications Network方式とは、トレーダーの注文がオンラインの取引所に流され、オークション形式で売買される仕組みのこと。取引所には銀行や投資家、ファンドのほかに、個人トレーダーなども含まれます。市場側では、XMで注文されたレートのまま表示されているため、オークション参加者とマッチすれば取引されます。ただしマッチしなければ少し時間がかかってしまうため、スリッページが起こりやすくなります。

XMでは、このどちらか1つだけではなく、口座タイプによって違います。

XMでは、スタンダードとマイクロ口座はSTP、極(KIWAMI)とゼロ口座がECN方式です。

なお、STP口座をスタンダード口座、ECN口座を低スプレッド口座とも呼びます。

NDD方式対応のXMを使うメリット・デメリット

XMのNDD方式は嘘? メリット・デメリット

メリット

主なメリット
  • 取引の透明性が高い
  • 約定力が高い

取引の透明性が高い

NDD方式最大のメリットが業者の処理に対する透明性の高さにあります。

トレーダーの注文をそのまま操作せず市場に流すだけのため、不正行為をされる心配がなく信頼性は高くなります。

DD方式では好きなように操作できてしまう環境だけに、信頼性に疑問が残ります。

DD方式の闇

とくに疑問視されているのが、わざと負けるようなシステムを作っていると噂されている点。

FX業者側はトレーダーが負けてくれれば利益が増えます。

そこで、勝ちそうな注文は約定拒否する、損切り設定されていればそこまでレートを動かして確定させてしまう、約定するタイミングをズラして損失を大きくする、などをしているとの声もでてきます。

XMのNDD方式は嘘、と言われるのと同じようなことですが、透明性がないため疑われてしまうのは仕方ないでしょう。

また、こうやって利益を出しているからこそスプレッドを狭くできている、とも言えてしまいます。

約定力が高い

XMは約定力の高さが魅力の海外FXです。

ほかにもハイスペックな海外FX業者はありますが、わずかながら約定拒否もあります。

ですが、XMなら注文ボタンを押せばほぼ約定してくれます。

せっかく「ここだ!」という価格で注文したのに、受け付けてくれなかったらストレスが溜まります。

トレードはメンタル面が大きく影響するだけに、ちょっとしたストレスでもないに越したことはありません。

その点、XMなら安心です。

デメリット

主なデメリット
  • スプレッドが広め
  • 処理が遅くなる
  • スリッページが起きやすい

スプレッドが広め

スプレッドとは1回の取引ごとに業者が徴収する手数料のこと。

XMでは口座タイプによって異なり、スタンダードやマイクロ口座ではスプレッドが広め=手数料が高めです。

DD方式を採用する国内FX業者のスプレッドと比較すると、XMは2倍以上の開きがあります。

DD方式のようにトレーダーの注文をコントロールして稼げないため、手数料収入を増やさなければ利益を得られません。

ハイレバでゼロカットありの稼ぎやすく安全な環境を使う代わりに、スプレッドコストは高くなるわけですね。

処理が遅くなる

トレーダーの注文をXMのシステムで一旦市場に流すため、通信時間がかかります

光による情報伝達速度は、たとえ地球の裏側で取引されているとしても一瞬です。

ですが、処理しているのはあなたの注文だけではありません。

同時に数千、数万以上を通信することになるため、多少の遅れは出てきます。

秒単位で注文と決済を繰り返すこともあるスキャルピング手法の場合、コンマ1秒の遅れで価格が大きく動くこともあり得ます。

そういった面で不利になるでしょう。

スリッページが起きやすい

注文を金融市場に流す=データ送信する手間がかかる分、注文時の価格と市場に到着した時点の価格に差がでやすくなります

これをスリッページと言い、不利なレートで約定してしまう可能性もでてきます。

XMはどんな人におすすめ?

XMのNDD方式は嘘? おすすめ

デイトレード/スイングトレード/ポジショントレードする人

XMのNDD方式がおすすめなのは、注文したポジションを長期間保有するデイトレード、スイングトレード、ポジショントレードをする方です。

取引回数が少なくなるため、スプレッドの広さはあまり気にならなくなるでしょう。

とはいえ、XMにもスキャルピング用のゼロ口座が用意されています。

スプレッドの狭い他社より多少不利になるとはいえ、約定力の高さを考えると、大きなマイナスにはならないでしょう。

XMは海外FX業者の中でも1番信頼性が高いと言える業者です。

運営実績はもちろん、過去の出金拒否や不正行為などはありません。

XM側の負担が大きくなるゼロカットの処理も、確実に実行してきました。

過去に起こったスイスフランのフラッシュクラッシュ時には、ゼロカットありを謳いながら請求した業者もある中で、XMはきっちり対応しています。

安全性や信頼性を重要視する方ほどXMをおすすめします。

\今ならここから登録で13000円ボーナスあり/
\元金不要で始められます/

【入力4分】XM公式
口座開設はこちら(無料)

【おすすめ選択肢】
ブランド名:FSA
口座タイプ:スタンダード
取引ツール:MT5

XMのNDD方式に関するQ&A

よくある質問
  1. XMのNDD方式対応は嘘なの?
  2. XMはSTPとECN方式どっち?
  3. DD方式ではダメなの?
  4. XM自体は信頼できる業者なの?
  5. スリッページはある?
  6. スプレッドは広い?

    Q1.XMのNDD方式対応は嘘なの?

    外部の人間に嘘かどうかは調べようがありません。

    真実はXM関係者でも内部の人にしかわからないことですが、編集部では嘘ではないと考えています。サポートに問い合わせた結果からも、そもそもどちらか明言していないため嘘をつきようがありません。それでもSNSなどで嘘という声も見かけるため、その人を信頼するならXMの利用はおすすめしません。ですが、確実にDD方式を採用している国内FX業者は透明性が低くなりますし、信頼性の高さで選ぶならXMがおすすめです。

    Q2.XMはSTPとECN方式どっち?

    どちらも対応しています。

    NDD方式の種類でもあるSTP/ECN方式は、XMの口座タイプによって分けられます。低スプレッドであるECN方式はゼロ口座、STP方式はスタンダード/マイクロ/極口座で採用されています。この辺は気にし過ぎたところで稼ぎに影響が出るような方は少ないでしょう。口座タイプの特徴によって選ぶことをおすすめします。

    Q3.DD方式ではダメなの?

    絶対にダメというわけではありません。

    DD方式のFX業者でも稼げますし、金融市場に注文を流さないため処理は早くなること、またスプレッドは狭くなるメリットもあります。ただし、処理方式が不透明のため業者への信頼性は低くなるでしょう。とはいえ、多少不正をされても問題ないくらい勝率が高いトレーダーであれば気にせず使えます。また、国内FX業者はFX収益の税率が低くなるため、節税面でも有利です。総合的に見てメリットを感じられるならDD方式でも問題ないでしょう。

    Q4.XM自体は信頼できる業者なの?

    XMに違法性はありません。

    日本国内では金融庁に無登録業者として公表されているため、マイナスイメージを持っている方もいると思います。ですが、決して違法ではありません。日本在住者に対して投資女権や勧誘行為をすることが違法になるだけで、XMではそういった行為をしていません。またインターネット上で不特定多数に向けてアフィリエイト制度を利用することも、勧誘行為には該当しません。

    Q5.スリッページはある?

    スリッページはあります。

    XMは基本NDD方式を採用しているため、金融市場とのやり取りが発生します。そのため、注文時の価格と市場で取引される価格に差が出る(スリッページ)のは避けられないでしょう。僅かな差ですが、気になる方はDD方式のFX業者を選びましょう。

    Q6.スプレッドは広い?

    口座タイプによりますが、若干広めです。

    最もベーシックなスタンダードやマイクロ口座のスプレッドは多少広めです。ですが、それがNDD方式が嘘ではない要因の1つと言えます。スプレッドを気にするトレーダーが多いため、狭くしたほうがたくさんユーザーを獲得できます。でも、XMはそれをせずここまでやってきていることが、業者にとって稼ぎにくいNDD方式を使っている証拠とも言えるでしょう。

    まとめ

    XMのNDD方式が嘘なのか?について解説しました。

    嘘かどうかはXM内部の人間にしかわからないことですが、編集部は嘘はついていない(そもそもつきようがない)と判断しています。

    他社よりスプレッドが広いこと、これまでの運営実績などから信頼性は高い海外FXだと言えるでしょう。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次