TitanFX最大ロット/ポジション数 - 取引条件や制限、ほかの海外FX業者と比較

TitanFX最大ロット アイキャッチ画像

出金が早い、口座残高によるレバレッジ制限がない、スキャルピングに強いなどで日本人ユーザー数を増やし続けているTitanFX(タイタンFX)。

とくに、スキャルピングで大きく稼ぐためには、注文可能な最大ロット数が多いほど有利です。

そこで、TitanFXの最大ロット数(と最大ポジション数)を口座タイプ別にまとめました。

目次

TitanFXの口座タイプ別 最大ロット/ポジション数を比較

TitanFX最大ロット 口座タイプ比較

ブレード スタンダード マイクロ
最大
ロット数
100 100 100
最低
ロット数
0.01 0.01 FX 0.1
その他 0.01
最大
ポジション数
200 200 200
通貨単位
(1ロット)
10万通貨 10万通貨 1000通貨
最大
レバレッジ
500倍 500倍 1000倍
処理方式 NDD(ECN) NDD(STP) NDD(STP)

過半数のユーザーは、約定力が高く手数料が最安のブレード口座を開設しています。

次にスタンダードを選び、マイクロ口座を開設する方はほとんどいません。

そこで、ブレードとスタンダード口座でトレードする時の、銘柄ごとに最大ロット・最大ポジション数をまとめました。

FX銘柄の最大ロット/ポジション数

TitanFX最大ロット/ポジション数 FX

銘柄 最大
ロット
最小
ロット
1ロット 最大
ポジション
全通貨ペア 100 0.01 10万通貨
(マイクロ口座は
1000通貨)
200

TitanFXでは60種類のFX銘柄を取引できます。

そのすべての銘柄で最大ロット数、最大ポジション数は同じです。

資金に余裕がある方で、少ないトレード回数や小さな値動き(短期売買)で稼ぎたい方は、大きなロット数での注文が効率的です。

では、最大ロット数で注文するにはいくらくらいの資金が必要になるのでしょうか。

その際の必要証拠金について見ていきましょう。

最大100ロットで注文した時の必要証拠金

必要証拠金の計算式

通貨単位 × 注文ロット数 ÷ レバレッジ × 口座の基本通貨のレート

口座の基本通貨は日本円、最大レバレッジ500倍、USDJPYを注文し1ドル=140円の条件で計算すると次のようになります。

10万通貨 × 100ロット ÷ 500倍 ×  140円/ドル = 280万円

TitanFXのブレード・スタンダード口座に280万円分の証拠金残高があれば、最大100ロット分注文できる計算です。

実際このようなギリギリの金額ではすぐロスカットされてしまいます。

せめて10倍、できれば100倍くらいはトレード資金を入れておきたいところです。

イチかバチかのギャンブルトレードでも倍の証拠金は必要でしょう。
(絶対におすすめしません)

TitanFXには残高によるレバレッジ制限もないため、いくら入金しておいても500倍レバレッジでトレードできる点は強みです。

なお、最大200ポジションまで注文できるため、TitanFXの1アカウントで保有できる最大値は100ロット×200ポジション=2万ロット分。

280万円×200ポジション=5億6000万円の必要証拠金があれば上限いっぱいまで注文できる計算です。

貴金属CFDの最大ロット/ポジション数

TitanFX最大ロット/ポジション数 貴金属CFD

銘柄 最大
ロット
最小
ロット
1ロット 最大
ポジション
ゴールド 50 0.01 100通貨 200
シルバー 50 0.01 5000通貨 200
パラジウム 50 0.01 100通貨 200
プラチナ 50 0.01 100通貨 200

ボラリティの高さからゴールド(金)はとくに人気の高い銘柄ですが、最大ロット数はFX銘柄の半分までに制限されています。
(最大ポジション数は同じ)

とはいえ、50ロットを2ポジション注文するだけですのでそれほど差は感じられないでしょう。

ゴールドを最大50ロット注文した時の必要証拠金

必要証拠金の計算式

通貨単位 × 注文ロット数 ÷ レバレッジ × ゴールドのレート(ドル/1オンス) × 口座の基本通貨のレート

口座の基本通貨は日本円、最大レバレッジ500倍、ゴールド価格は1オンス=1900ドル、1ドル=140円の条件で計算すると次のようになります。

100通貨 × 50ロット ÷ 500倍 × 1900ドル × 140円 = 266万円

TitanFX口座に266万円分の残高があれば、最大数の50ロット注文できる計算です。

ゴールド銘柄の最大ロット数はFX通貨ペアの半分と少なめですが、最大ロット数で注文するとUSDJPYと同じくらいの証拠金が必要になります。

株式指数CFDの最大ロット/ポジション数

TitanFX最大ロット/ポジション数 株式指数CFD

銘柄 最大
ロット
最小
ロット
1ロット 最大
ポジション
日経225 100 0.1 100通貨 200
NYダウ 100 0.1 1通貨 200
ナスダック 100 0.1 1通貨 200
S&P500 100 0.1 1通貨 200
US2000 100 0.1 1通貨 200
USDX 100 0.1 100通貨 200
UK100 100 0.1 1通貨 200
VIX 100 0.1 10通貨 200
ユーロ・ストックス 100 0.1 1通貨 200
フランス40 100 0.1 1通貨 200
オランダ25 100 0.1 1通貨 200
スイス20 100 0.1 1通貨 200
オーストラリア200 100 0.1 1通貨 200
シンガポール30 100 0.1 1通貨 200
カナダ60 100 0.1 1通貨 200
中国50 100 0.1 1通貨 200
SGX FTSE Taiwan 100 0.1 1通貨 200
香港50 100 0.1 1通貨 200
香港ハンセン 100 0.1 1通貨 200
インド50 100 0.1 1通貨 200

株式指数CFD銘柄の最大ロット数はFX銘柄と同じで、最大ポジション数も同様です。

【新登場】株式CFDの最大ロット/ポジション数

TitanFX最大ロット/ポジション数 株式CFD

2023年に入り、TitanFXでは株式銘柄を扱うCFD取引にも対応しました。

アメリカ100銘柄以上、日本40銘柄以上で合計140銘柄以上からトレード可能です。

全銘柄でレバレッジは20倍で固定、最小は0.1ロット(ユニット)、最大1000ロット(ユニット)となっています。

また、1アカウントで最大5000ユニットまで保有可能です。

原油CFDの最大ロット/ポジション数

TitanFX最大ロット/ポジション数 原油CFD

銘柄 最大
ロット
最小
ロット
1ロット 最大
ポジション
WTI原油 20 0.1 100通貨 200
WTI原油インデックス 20 0.1 100通貨 200
ブレント原油 20 0.1 100通貨 200
ブレント原油インデックス 20 0.1 100通貨 200
天然ガス 20 0.1 1000通貨 200

TitanFXではエネルギー系商品の銘柄も扱っています。

最大ロット数は20ロットと低め、最大ポジション数はFX・貴金属・株式指数銘柄と同じです。

仮想通貨CFDの最大ロット/ポジション数

TitanFX最大ロット/ポジション数 仮想通貨CFD

銘柄 最大
ロット
最小
ロット
1ロット 最大
ポジション
BTC
(ビットコイン)
10 0.01 1通貨 200
ETH
(イーサリアム)
10 0.01 1通貨 200
BCH
(ビットコインキャッシュ)
10 0.01 10通貨 200
LTC
(ライトコイン)
10 0.01 10通貨 200
XRP
(リップル)
10 0.01 10000通貨 200
BNB
(バイナンスコイン)
10 0.01 10通貨 200
DOT
(ポルカドット)
10 0.01 100通貨 200
EOS
(イオス)
10 0.01 1000通貨 200
LNK
(リンク)
10 0.01 100通貨 200
UNI
(ユニスワップ)
10 0.01 100通貨 200
XLM
(ステラルーメン)
10 0.01 10000通貨 200
XTZ
(テゾス)
10 0.01 1000通貨 200

TitanFXではメジャーな仮想通貨(暗号資産)銘柄もトレード可能です。

仮想通貨CFD銘柄の最大数は10ロットまでとなっています。

最大ポジション数はほかの銘柄と同じです。

最大ロット/ポジション数で注文する時の注意点

TitanFX最大ロット/ポジション数 注意点

主な注意点
  • 窓開け時は避ける
  • 重要経済指標発表時は避ける
  • FXとCFD銘柄では最大ロット数や通貨単位が異なる

窓開け時は避ける

TitanFXは窓開け時間を狙ったトレードは禁止しています。

窓開けとは、月曜早朝に為替市場がオープンする時間帯を指します。

TitanFX最大ロット 窓開け

FXの為替市場は基本的に土日休みのため金曜日にクローズするのですが、中東のバーレーン市場は土日でも取引がある状態。

また、休日中に企業や機関投資家などの大口トレーダーが売買するケースもあります。

それらの取引結果が月曜日のオーストラリア・ニュージーランド市場がオープンしたときに一気に反映されます。

すると、チャート上に大きな価格差(窓)が発生。

そして、9割は窓が閉じる方向に動くと言われています。

閉じる=金曜クローズ時の価格に戻っていく動きのことで、上画像のケースでは価格が上昇していく可能性が高いでしょう。

この動きを狙ってトレードすることを禁止しています。

重要経済指標発表時は避ける

TitanFXでは、為替に影響力の強い重要経済指標の発表タイミングを狙ったトレードも禁止しています。

窓開け時と同様に、こういった市場が大きく動くタイミングを狙ったギャンブルトレードは認められていません。

TitanFXは負けて残高がマイナスになっても借金にならないゼロカット制度が導入されています。

このゼロカットを悪用するユーザーがいるため、禁止されているですね。

また、悪用目的でなくても、こういったタイミングでのトレードは一気に資金を失う可能性も高くなります。

顧客資産を守る意味でも禁止しているのでしょう。

なお、たまたまエントリーしてしまうくらいならお咎めなしの可能性が高いものの、万全を期すならTitanFXサポートに問題ないか確認を取り、そのメッセージも保存しておきましょう。

将来出金するときに、過去に禁止されているトレードがあったと判断され出金拒否されては困りますからね。

FXとCFD銘柄では最大ロット数や通貨単位が異なる

TitanFXではFX銘柄以外にも複数の商品をトレードできます。

そして、商品によって最大ロット数は異なります

最大ポジション数は同じですが、ロット数制限については前述した一覧表を確認しておきましょう。

他の海外FX業者とTitanFXの最大ロット/ポジション数を比較

当サイトで紹介している安全性の高い海外FX業者と比較しました。

業者名 最大
ロット数
最大
ポジション数
合算した
最大ロット
TitanFX 100
(1000万通貨)
200 2万
AXIORY
(アキシオリー)
1000
(1億通貨)
無制限 無制限
Exness
(エクスネス)
500
(5000万通貨)
MT4 1000
MT5 無制限
MT4 50万
MT5 無制限
XM
(エックスエム)
50
(500万通貨)
200 1万
BigBoss
(ビッグボス)
50
(500万通貨)
無芸線 無制限

1回あたりで注文可能な最大ロット数ではAXIORYが圧倒的に多くなっています。

続いてExnessの500ロット、その次にTitanFXです。

とはいえ、最大ロット数が多ければいいわけではありません。

数億円レベルの超高額な証拠金残高がなければ、1000ロットもの注文はリスクが高すぎます。

現実的にはTitanFXの100ロットで十分すぎるレベルですし、困ることはないでしょう。

AXIORYやExnessが気になる方はこちらの記事をご覧ください。

TitanFXの最大ロット/ポジション数に関するQ&A

よくある質問
  1. 最大ロット数は?
  2. 最大ポジション数は?
  3. 最大ロット数を注文するにはいくら必要?
  4. 最大ロット数で注文しても制限はない?
  5. 複数ポジションを一括決済できる?

Q1.最大ロット数は?

100ロットです。

ただし、FXの通貨ペア銘柄以外はこの限りではありません。ゴールドなど貴金属銘柄は最大50ロット、株式指数銘柄は最大100ロット、エネルギー銘柄は最大20ロット、仮想通貨銘柄は最大10ロットとなっています。

Q2.最大ポジション数は?

200ポジションまで保有可能です。

TitanFXのすべての商品・銘柄で最大200ポジションまで注文できます。FX銘柄なら最大100ロット×最大200ポジションで、2万ロット分を注文可能です。なお、TitanFXでは1アカウントで14口座まで開設できますが、すべての口座を合算して200ポジションまでとなります。

Q3.最大ロット数を注文するにはいくら必要?

銘柄によって異なります。

このページでサンプルとして計算したドル円(USDJPY)の場合、最大レバレッジ500倍、1ドル=140円計算で最大100ロット注文するには280万円ほどのトレード資金が必要です。同条件でゴールドを最大50ロット注文するときは270万円ほど必要となります。なお、あくまでも注文に必要な証拠金であり、これだけで最大ロットを注文してトレードできるわけではありません。実際は10倍以上の資金を口座に入れておかなければ、思うようにトレードできないでしょう。

Q4.最大ロット数で注文しても制限はない?

とくに制限されることはありません。

トレードする銘柄に応じて最大ロット数の上限が決まっているくらいです。

Q5.複数ポジションを一括決済できる?

できます。

2ポジション以上を保有しているときに一括決済することは可能です。なお、TitanFXで使える取引プラットフォーム「MT4」「MT5」の内、「MT5」でなければ一括決済できません。

パソコン版MT5の一括決済の手順
  1. MT5を起動
  2. 「ターミナル」ウィンドウの「取引」タブを選ぶ
  3. 表示されているポジション上で右クリック
  4. 「一括操作」を選ぶ
  5. 「すべてのポジションを決済」をクリック

なお、iOSアプリ版のMT5でも一括決済可能ですが、アンドロイドアプリ版は非対応です。

iOS版MT5の一括決済の手順
  1. MT5アプリを起動
  2. 「トレード」画面を表示
  3. どれでもいいため保有中ポジションをタップ
  4. 「一括操作」をタップ
  5. 「すべてのポジションを決済」をタップ

まとめ

TitanFXの銘柄別に注文可能な最大ロット数、最大ポジション数を紹介しました。

1回あたり最大100ロットまで注文できます。

また、1アカウントで最大200ポジションまで保有できます。

トレード資金が十分にある人なら、最大ロットでトレードすれば大きく稼げるでしょう。

ただし、ロットが大きいほど必要となる証拠金も増えますし、それに見合う資金がなければすぐにロスカットされてしまいます。

リスクに見合わない高ロットでの注文は避け、ギャンブルトレードをしないようにすることも勝ち続けるためのポイントです。

その点に気を付けつつ、優れたトレード環境が整っているTitanFXを活用していってくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次