海外FXのAbookとBbook – 違いや意味、おすすめ業者を紹介

海外FXのAbookとBbook アイキャッチ画像

FX業者を選ぶ時の基準になるAbook(Aブック)とBbook(Bブック)。

AbookとBbookは、業者によるトレーダーの注文処理方式を意味します。

一般的にはAbookが信頼性は高いと言われています。

そこで、2つの違いを徹底解説!

また、大手海外FX業者はどちらなのか?について、提供されているサービスから予測して紹介していきます。

目次

海外FXのAbookとBbookの違いとは?

冒頭で紹介したように、業者側の処理方式が違います。

Abookの処理方式とは?

NDD方式とも呼ばれ、さらにECN方式とSTP方式に分かれます。

どちらも、ユーザーの注文に手を加えることはしません。

海外FX業者の多くは、自社がNDD方式だと言っています。

Abookは、業者側の収入源がスプレッドや取引手数料メインとなります。

ユーザーの取引回数やロット数が多くなるほど利益が増えるため、より稼いでくれるよう質の高いサービスを期待できます。

NDD・STP方式

ユーザーの注文 ⇔ 海外FX業者や仲介ブローカー ⇔ 金融市場(インターバンク)

Abook(NDD/STP方式)では、あなたの注文に対して、海外FX業者側の手数料であるスプレッドを上乗せしてから金融市場に流します。

注文の処理時間やロット数などを操作することはないため、信頼性が高い処理方式です。

ただし、スプレッドを追加する処理が入る分、若干処理が遅くなります。

基本的に人の感覚で体感できるほどではありませんが、あなたが使っている海外FX口座に反映される時間が少し遅れます。

NDD・ECN方式

ユーザーの注文 ⇔  金融市場(インターバンク)

NDD・STP方式のように海外FX業者や仲介ブローカーが間に入らず、そのまま為替取引されている金融市場に流す方式です。

余計な処理が入らない分、ECN方式の方が早く処理される=口座に反映されます。

ただし、このままでは海外FX業者が手数料を徴収できません。

そこで、注文量ごとに固定の手数料を設定し、別口で徴収しています。

Bbookの処理方式とは?

DD方式とも呼ばれます。

日本国内のFX業者はほとんどがBbook方式と言われています。

海外FXでも一部はBbookです。

2023年には、Bbookだった海外FXのGemForex(ゲムフォレックス)がサービス停止になっていました。

Bbook業者の収入源は、スプレッドや取引手数料もありますが、ユーザーが負けて失ったトレード資金がメインです。

DD方式

ユーザーの注文 ⇔ 海外FX業者

基本的に金融市場(インターバンク)に流さないため、通信時間がかかりません。

内部で対処しているだけなので、処理は速くなります。

ただし、ユーザーの注文を一度預かる以上、操作できてしまうことから信頼性は低いです。

ユーザーが利益を出せば業者の損失になるため、決済ボタンを押してから口座に反映されるまでの時間を少し遅らせて利益を減らすような不正もあると言われています。

また、勝率の高いユーザーの注文だけは金融市場に流すことで損失を回避しているとも聞きます。

とにかく都合のいいように操作できてしまうわけですね。

さらに、FXではほとんどのトレーダーが負けるため、ユーザーの注文と反対方向の注文をすることでも稼いでいると聞きます。

こういった内部事情を海外FX業者側が公開することはありえないため、実際どんな処理がされているのかはわかりません。

信頼性の高いAbook(NDD方式)を採用していると言っていても、実際はBbook(DD方式)であることもあります。

こればかりは、システム関連の情報を知り得る内部関係者にならなければ真実はわからないでしょう。

ただし、インターネット上に漏れ出てくる情報を集めると、上記のような稼ぎ方をしていると考えられます。

2つの仕組みを比較

Abook(Aブック) Bbook(Bブック)
処理速度 STP:普通
ECN:速い
速い
スプレッド STP:広い
ECN:狭い
狭い
取引手数料 STP:不要
ECN:必要
業者しだい
注文への不正な関与 なし ある可能性大
業者の収入源 スプレッド
取引手数料
ユーザーの損失
ユーザーの注文と逆方向の注文による利益
スプレッド
取引手数料

Abookのほうが透明性が高く信頼できる処理方式であることは明白です。

ただし、Bbookが完全に悪いわけでもありません。

使い方しだいと言えるでしょう。

では、AbookとBbookをユーザーが見分ける方法はあるのでしょうか。

AbookとBbookを見分ける方法とは?

 

ここからは、A-book・B-bookの見分け方について解説します。

結論、A-book・B-bookの見分け方は難しいです。

見分け方が難しい理由は、下記の通り。

A-book・B-bookの見分け方が難しい理由
  • 各FX業者がA-bookかB-bookなのかは公表されていない
  • 完全にA-bookかB-bookだけで営業しているFX業者もある
  • A-bookとB-bookを併用しているFX業者もある

海外FX業者は、A-bookかB-bookかを公表していないため、完全な見分け方は存在しないということです。

ただし、A-bookかB-bookか、ある程度見分けることはできます。

見分け方としては、A-book・B-bookの特徴を目安とするのがよいでしょう!

A-bookの見分け方・特徴

  • スプレッドが広い
  • 取引手数料が高い
  • 最大レバレッジが低い
  • 約定力がやや低い(スリッページが多い)
  • ボーナスキャンペーンがない

A-book業者のおもな収入源は、スプレッドと取引手数料です。

スプレッドが広い・取引手数料が高いといった特徴があれば、A-bookである可能性が高いでしょう。

他の見分け方として、最大レバレッジや約定力、ボーナスに注目するのもおすすめです。

最大レバレッジが低い・約定力が低い・ボーナスがないという特徴に該当すれば、A-book業者と予想できます。

B-bookの見分け方・特徴

  • スプレッドが極端に狭い
  • ボーナスキャンペーンが豪華
  • 最大レバレッジが高い
  • 約定力が高い(スリッページが少ない)

B-bookの見分け方は、取引環境の良さに注目する方法がおすすめです。

B-book業者のおもな収入源はトレーダーの損失なので、スプレッドや取引手数料には依存していません。

そのためB-book業者では、低スプレッド・ハイレバレッジなど、取引環境に力を入れているのが特徴です。

スプレッドが狭く、最大レバレッジ500倍以上、ボーナスも豪華なら、B-book業者の可能性が高いでしょう。

見分け方の注意点

上記で解説したA-bookとB-bookの見分け方・特徴は、あくまで目安です。

先述の見分け方でお伝えした特徴・条件に当てはまる業者が、必ずA-book・B-bookと特定できるわけではないのでご注意ください。

A-book・B-bookに完全な見分け方はないものの、それぞれメリット・デメリットがあります。

取引スタイルや目的に応じて、A-book・B-bookの業者を上手く使い分けるのがおすすめですよ。

Abookの海外FX業者を選ぶメリットとデメリット

メリット

主なメリット
  • あなたの注文を不正に操作されることがない
  • 稼ぎすぎによる不当な対応はされない
  • 億単位でも入出金できる業者がある
  • トレードスタイルによってSTPとECN方式を選べる
  • ユーザーの利益が業者側の利益に繋がる

 

デメリット

主なデメリット
  • スプレッドや取引手数料がBbookより高くなりやすい
  • スリッページや約定拒否が起こることもある

 

ABookがおすすめの人

おすすめの人
  • 信頼性重視で海外FX業者を選びたい人
  • 大口トレーダー
  • デイトレード/スイングトレード/ポジショントレードがメイン
  • 安全にスキャルピングしたい人

 

Bbookの海外FX業者を選ぶメリットとデメリット

メリット

主なメリット
  • 注文の処理が早い
  • 約定力が高い
  • スプレッドなど取引コストが安め
  • ボーナスが充実している

 

デメリット

主なデメリット
  • あなたの注文を操作される可能性がある
  • 稼ぎすぎなどで不当な出金拒否やアカウント凍結される可能性がある

 

Bbookがおすすめの人

おすすめの人
  • ボーナスが欲しい人
  • スキャルピングトレードがメイン
  • 手数料コストを抑えたい人

 

海外FX業者のABook/Bbook判断結果

海外FXデスク編集部でも利用しているおすすめ海外FX業者のABook・Bbook対応状況を一覧にしました。

判定はあくまでも予想であり、真実は関係者しかわかりません。

また、基本的にECN方式の口座はAbookと考えています。

あくまでも参考情報としてご覧ください。

海外FX業者 判定結果
XMトレーディング 【ECN方式のゼロ口座】
Abookと判断
【STP方式のその他口座】
Bbookの可能性あり
AXIORY 【ECN方式のナノ/テラ口座】
Abookと判断
【STP方式のその他口座】
Bbookの可能性あり
TitanFX 【ECN方式のブレード口座】
Abookと判断
【STP方式のその他口座】
Bbookの可能性あり
Exness 【ECN方式のプロ口座3タイプ】
Abookと判断
【STP方式のスタンダード口座2タイプ】
Bbookの可能性あり
HFM 【ECN方式のプロ口座】
Abookと判断
【STP方式のその他口座】
Bbookの可能性あり
BigBoss 【ECN方式のプロスプレッド口座】
Abookと判断
【STP方式のスタンダード口座】
Bbookの可能性あり
ThreeTrader 【ECN方式のRawゼロ口座】
Abookと判断
【STP方式のPureスプレッド口座】
Bbookの可能性あり

多くの海外FX業者はAbookと公表していることが多いんですが、口座タイプによってはBbookも取り入れているのでは?と予想しています。

なお、日本国内のFX業者はDD方式がほとんどなので、Bbookと言えるでしょう。

では、それぞれの海外FX業者の特徴を紹介していきます。

XMトレーディングの特徴

主な特徴
  • 海外FXで日本一のシェア
  • 最大1000倍レバレッジ
  • ボーナス充実
  • 無料学習ツールが充実
  • XM口座用のEA(FX自動売買ツール)が充実
あわせて読みたい
XM口座開設 – 準備と手順、マイナンバー提出の必要性や注意点を解説 海外FX「XM(エックスエム)」グループの中でアジア向けに展開し、日本市場に対応している「XMトレーディング」。 日本人が保有する海外FX口座数で首位になっていること...

AXIORYの特徴

主な特徴
  • 最大400倍レバレッジ
  • スプレッドが狭い
  • 取引ツールcTrader対応
  • スキャルピング向け
あわせて読みたい
AXIORY口座開設 – 手順と提出書類、注意点まとめ 狭いスプレッドや信託保全ありで資金の全額補償があるなど、信頼性の高さとスキャルピング向けトレード環境が人気の海外FX「AXIORY(アキシオリー)」。 ここでは、AXIO...

TitanFXの特徴

主な特徴
  • 最大500倍レバレッジ
  • スプレッドが狭い
  • 高額入出金に対応
  • ゴールドの取引コストが安い
  • 24時間日本語サポート
あわせて読みたい
TitanFX口座開設ガイド TitanFXの口座開設手順は次のとおりです。 TitanFXの口座開設手順 TitanFXの口座開設ページを開く 開設ページでユーザー登録 口座の設定 個人情報を入力 メールアドレス...

Exnessの特徴

主な特徴
  • 最大レバレッジ2000倍
  • 条件により無制限レバレッジもあり
  • スプレッドが狭い
  • 取引コストが安い
  • 窓開け時のトレードOK
  • 違う口座間での両建てトレードOK
  • アービトラージOK
あわせて読みたい
Exness口座開設 – 手順と注意点、開設できないときの対処法まとめ 日本でも利用者が増加中の海外FX業者「Exness(エクスネス)」。 ボーナスキャンペーンをなくし、浮いたコスト分でレバレッジ無制限・低スプレッドなどハイレベルなトレ...

HFMの特徴

主な特徴
  • 最大レバレッジ2000倍
  • 入金ボーナスあり
あわせて読みたい
HFM口座開設 – 手順や注意点、必要書類、ボーナス情報まとめ 【入力3分】HFMリアル口座開設手順 HFM公式サイトにアクセス 「登録」を押す 居住国/メルアド/パスワードを入力 メルアド認証を済ませる HFM公式ににログイン 詳細情報...

BigBossの特徴

主な特徴
  • 最大レバレッジ1111倍
  • BBC(ビッグボスコイン)で入金すれば毎月ボーナスあり
あわせて読みたい
BigBoss口座開設 – 手順や注意点、必要な提出書類まとめ 【入力3分】BigBossのクイック口座開設手順 BigBoss口座開設ページにアクセス 8項目を入力 ※取引プラットフォーム/口座タイプはそのままでOK(後で変更可能) 「送信」ボ...

ThreeTraderの特徴

主な特徴
  • 最大レバレッジ500倍
  • 業界最狭スプレッド
  • 業界トップクラスに低コストでトレード可能
あわせて読みたい
ThreeTrader口座開設 – 手順と提出書類、ボーナス情報まとめ 開設手順 ThreeTraderにアクセス 「ライブ口座開設」を押す 入力フォームを埋めて確定する 本人確認書類をアップロード 審査OKで開設完了(審査は1営業日以内) 業界ト...

海外FXのAbookとBbookに関するQ&A

よくある質問
  1. AbookとBbookはどっちがおすすめ?
  2. Abookと言っている海外FX業者なら安心?
  3. Bbook業者で不当な対応をされたときどうすればいい?

Q1.AbookとBbookはどっちがおすすめ?

トレードスタイルや状況によります。

信頼性重視で海外FX業者を選ぶならAbookがおすすめです。スキャルピングなら、約定力の高いBbookが有利になるでしょう。ただし、Bbookは信頼性が低くなるため、高額な資金を投入しての高ロットトレードはおすすめしません。

Q2.Abookと言っている海外FX業者なら安心?

100%安心ではありません。

編集部の判断ではNDD方式のECN方式の口座タイプならAbookと判断していますが、あくまでも予想です。判断材料の1つとして参考にしてもらえれば幸いです。

Q3.Bbook業者で不当な対応をされたときどうすればいい?

まずは利用している業者のサポート窓口に事情を聞いてみましょう。

回答に納得がいかないとしても、日本の金融庁のライセンスは取得していないため消費者庁などに相談しても解決はできないでしょう。違う海外FX業者に乗り換えるくらいしかありません。国内業者なら消費者庁に問い合わせるのもおすすめです。

【消費者庁】問い合わせ先

まとめ

海外FX業者のAbookとBbookの違いとおすすめ業者を紹介しました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次